au、次世代通信「LTE-Advanced(CA)」と「WiMAX 2+」のダブル対応を開始 | RBB TODAY

au、次世代通信「LTE-Advanced(CA)」と「WiMAX 2+」のダブル対応を開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「LTE-Advanced(CA)」と「WiMAX 2+」の並行利用イメージ
  • 「LTE-Advanced(CA)」と「WiMAX 2+」の並行利用イメージ
  • 4G LTE キャリアアグリゲーションとは
 KDDIと沖縄セルラーは8日、LTEの次世代高速通信規格LTE-Advancedの技術である「キャリアアグリゲーション」と「WiMAX 2+」の2つの次世代通信ネットワークへの対応を開始した。同日発表の夏モデルスマートフォン/タブレットより対応を開始する。

 「キャリアアグリゲーション」は、複数の周波数帯で同時にLTEのデータ通信を可能とする技術。それぞれの周波数で受信したデータを足し合わせることで、最大で150Mbpsの通信速度を実現できる。一方「WiMAX 2+」は、UQコミュニケーションズによる受信最大110Mbpsの超高速通信サービスとなっている。

 対応するauスマホでは、利用環境に応じて、ネットワークが自動的に選択される。これにより高速通信が可能とのこと。具体的な対応機種は、isai FL LGL24、Xperia ZL2 SOL25、GALAXY S5 SCL23(ソフトアップデート<5月下旬予定>が必要)、AQUOS SERIE SHL25、URBANO L03、Xperia Z2 Tablet SOT21の2014年夏モデル8機種(「TORQUE」「ASUS MeMO Pad 8」除く)。

 「WiMAX 2+」は、インターネット接続サービス「LTE NET」「LTE NET for DATA」を契約することで無料利用できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top