ヤフーとブックオフが資本・業務提携……「BOOKOFF」買取品をヤフオク!で販売 | RBB TODAY

ヤフーとブックオフが資本・業務提携……「BOOKOFF」買取品をヤフオク!で販売

エンタープライズ 企業

ヤフーとブックオフが資本・業務提携
  • ヤフーとブックオフが資本・業務提携
  • 「リユース革命」プロモーションページ
 ヤフーとブックオフコーポレーションは24日、資本・業務提携契約の締結を行った。「BOOKOFF」チェーン全店で買い取った物品を、「ヤフオク!」で販売する仕組みを構築する。

 「リユース革命」をスローガンとし、まずは、「BOOKOFF」店舗にある中古本の販売を「ヤフオク!」上でも展開する。CDやDVD・ゲームソフトなど中古本以外の商品についても、「ヤフオク!」で販売を行う。すでに「ヤフオク!」ではこれら商品の販売が開始されている。現在「ヤフオク!」では約200万冊の中古本の取り扱いがあるが、2016年度までにこの5倍となる1,000万冊を目指すという。

 また「BOOKOFF」店舗内に「総合買取受付窓口」を今年7月に設置する。これまで「BOOKOFF」では、店舗で販売している中古本・CD・ゲームソフト・携帯電話等の買取のみを行っていたが、ホビー・アパレル・ブランド品・雑貨など買取品のラインナップを拡大する。これによりユーザーは、自身がヤフオク!へ出品するといった手間をかけずに、物品を気軽に販売できるようになる。この取り組みと併せて、昨年から始めた携帯電話の買取もさらに強化し、「ヤフオク!」での販売を進めていく。

 さらに2015年度中を目処に、日本最大級となるリユースセンター(物流施設)を開設する。商品の一部をこちらのセンターに集約することで、リアルから「ヤフオク!」を通じてリユースできる仕組みを長期安定的に支えるのが狙い。

 ブックオフは、第三者割当によりヤフーを割当先としてブックオフの普通株式3,100,000株(第三者割当後の所有議決権割合15.02%)を発行する予定。新株予約権付社債77個も割り当てる。これによりヤフーは、ブックオフのその他の関係会社となる。なお両社はすでに、2013年7月より協働を開始しており、「福岡 ヤフオク!ドーム」では、不要な洋服などを引き取って「ヤフオク!」と「BOOKOFF SUPER BAZAAR(リユースの大型複合店)」の店頭で販売するといった取り組みを始めている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top