NEC、自動車走行時に音声入力の雑音を除去する技術を開発 | RBB TODAY

NEC、自動車走行時に音声入力の雑音を除去する技術を開発

 日本電気(NEC)は4月18日、自動車走行中の雑音が多い環境下においても、音声による快適なカーナビ操作を可能とする、新たな雑音除去技術を開発したことを発表した。エアコンを作動させた状態、窓を開けての走行など、雑音が多い環境下でも音声操作が可能とのこと。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
新技術の特長
  • 新技術の特長
  • NECのノイズキャンセル技術(2つのマイクで雑音と音声を採取、雑音成分を分離して音声を認識)
 日本電気(NEC)は4月18日、自動車走行中の雑音が多い環境下においても、音声による快適なカーナビ操作を可能とする、新たな雑音除去技術を開発したことを発表した。エアコンを作動させた状態、窓を開けての走行など、雑音が多い環境下でも音声操作が可能とのこと。

 「音声認識」の精度を高めるには、人の話し方や話題に対応する技術(適応技術)や、環境により変化するさまざまな雑音に対応する技術(耐雑音技術)が必要となる。今回開発された新技術は、耐雑音の領域にあたり、自動車内の環境に適用するものだ。

 エアコンなど自動車内特有の雑音源の位置やマイクへの音の伝わり方を分析し、2つのマイクを前後に配置した。これにより前方から流れてくる雑音と話者の音声をより区別して拾いやすくし、効率的な雑音除去処理を実現した。また2つのマイクで検知した信号(話者の声+雑音)に対し、二段階に分けた雑音除去処理を実施。第一段階で、主要な雑音を的確に抽出・除去する。第二段階では、消し残した雑音を、性質に応じて除去処理を行うという。

 さらに雑音除去を行ったことで、音に歪みが発生して認識が難しくなった音声に対して、NEC独自の、2つの音声モデルに基づいて、話者の声を強調する技術を開発したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top