富士通FIP、仮想ネットワークとIaaSによるデータセンター仮想化を強化 | RBB TODAY

富士通FIP、仮想ネットワークとIaaSによるデータセンター仮想化を強化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「サービスバス」「HyConnect」のイメージ画像
  • 「サービスバス」「HyConnect」のイメージ画像
  • 「HyConnect」概要
 富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)は4月17日、仮想ネットワーク「サービスバス」とIaaS「HyConnect」3種類の提供によるデータセンター仮想化を強化することを発表した。

 「サービスバス」は、IaaSや監視サービスなどをプラグイン感覚で簡単に利用できる環境を提供するデータセンター基盤。6月より順次整備を開始する。横浜データセンターから環境を整備し、順次他のデータセンターに展開予定だ。

 IaaS「HyConnect」については、XenServerを仮想化ソフトウェアとして用い、オープンソースを活用して価格を抑えたパブリック型IaaS「HyConnect/オープンパブリック」、VMwareを仮想化ソフトウェアとして用い、専任のサービスマネージャが導入から運用までトータルサポートするマネージメント型IaaS「HyConnect/マネージド」、VMwareやHyper-Vなど、さまざまな仮想化ソフトを用い、要件に応じて個別にカスタマイズするプライベート型IaaS「HyConnect/プライベート」と、機能や価格レンジが異なる3種類を4月17日より提供を開始する。

 仮想化適用に関する調査・報告を実施する「仮想化アセスメント」を含め、富士通FIPデータセンターを利用することで、最適なシステム運用が可能となるとのこと。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top