リコー、iPhoneに文書を配付できるPC印刷サービス・アプリを公開 | RBB TODAY

リコー、iPhoneに文書を配付できるPC印刷サービス・アプリを公開

ブロードバンド その他

「RICOH TAMAGO Handouts」の概略図
  • 「RICOH TAMAGO Handouts」の概略図
  • 「RICOH TAMAGO Handouts」の使用前後
 リコーは4月9日、PCから文書を印刷するときと同様の操作で、iPad/iPhoneに文書を配付できる資料配付サービス・アプリ「RICOH TAMAGO Handouts」の無償提供を開始した。

 このサービスは、PC側にインストールする印刷ドライバー「RICOH TAMAGO e-Distribution」と配信ソフト「RICOH TAMAGO PassIt」、iPad/iPhone側にインストールする「RICOH TAMAGO Handouts」の3つから構成される(いずれも無償)。

 PC側の「RICOH TAMAGO PassIt」から発行されるQRコードを、配付先のiPad/iPhoneで一度読み込むことで登録が完了する。以降は、プリンターの代わりに登録済みのiPad/iPhoneを指定して印刷することで、Wi-Fi経由で複数台の端末に資料データを送ることができる。一回の印刷処理で複数の配付指定先へ一括で配付することが可能。

 「RICOH TAMAGO e-Distribution」と「RICOH TAMAGO PassIt」のダウンロードは、「RICOH TAMAGO Handouts」のWebサイトから、アプリ「RICOH TAMAGO Handouts」はApp Storeからダウンロードが可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top