NTTデータ、“世界最高解像度”の地球観測衛星の画像を提供開始 | RBB TODAY

NTTデータ、“世界最高解像度”の地球観測衛星の画像を提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

DigitalGlobe衛星画像のサンプル(東京スカイツリー)
  • DigitalGlobe衛星画像のサンプル(東京スカイツリー)
  • DigitalGlobe衛星画像を活用した高精細3次元地図(東京駅周辺)
  • DigitalGlobe衛星画像のサンプル(ドバイ ブルジュハリファ)
  • DigitalGlobe衛星画像を活用した土地利用地図(東京)
  • 提供サービスについて
 NTTデータは4月1日、NTT空間情報と共同で、最高50cm地上解像度の衛星画像を活用したサービスを、公共・民間分野向けに提供することを発表した。世界最高峰の“解像度、位置精度、撮影能力”を持つ衛星画像を提供するものだ。

 NTTデータは、日本国内の公共・民間分野を対象とするマスターリセラー(総代理店)契約を、米DigitalGlobe社と締結。これにより米DigitalGlobe社が保有するデータを利用可能とした。米DigitalGlobe社は、高分解能の地球観測衛星を5機保有している。これら5機の衛星の統合的な運用による撮影能力は、1日に300万平方キロメートルの面積(日本の国土の約8倍)が撮影可能となっている。とくにWorldView-1、WorldView-2、GeoEye-1の3機の衛星画像の地上解像度は50cmで、航空写真に匹敵する解像度となる。

 本サービスは、最大5つの衛星を統合的に運用する「撮影サービス」、1999年より撮影されている豊富な蓄積画像を提供する「アーカイブ画像サービス」、および付加価値のある情報コンテンツへ加工して提供する「付加価値サービス」から構成される。クラウドサービスや地理情報システム(GIS)等のICTサービスと組み合せることも可能だという。価格は1平方キロメートルあたり2,800円より。

 NTTデータとNTT空間情報は、DigitalGlobe社が所有する高分解能衛星画像の提供サービスを開始するとともに、NTTデータが提供する「全世界デジタル3D地図提供サービス」やNTT空間情報が保有する高精度電子地図「GEOSPACE」と組み合わせた、総合的な地理空間情報サービスを展開する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top