ソフトバンクM、障がいのある人の社会生活を支援する「アシストスマホ」提供開始 | RBB TODAY

ソフトバンクM、障がいのある人の社会生活を支援する「アシストスマホ」提供開始

ブロードバンド その他

「アシストスマホ」イメージ画像
  • 「アシストスマホ」イメージ画像
  • 「アシストスマホ」の諸機能
 ソフトバンクモバイルは3月24日、障がいのある人の社会生活を支援するサービス「アシストスマホ」の提供を開始した。

 「アシストスマホ」は、「シンプルスマホSoftBank 204SH」(シャープ製)に専用ソフトウェアをダウンロードし、「アシストスマホ」モードに切り替えて利用できるサービス。主に知的障がいのある人の連絡や行動を支援するサービスとなる。

 「アシストスマホ」では、定型文をタッチするだけで、簡単に連絡や報告のメールが作成できる「アシストメール機能」、AR(拡張現実)技術により、目的地の方向と距離を分かりやすく矢印で表示して、移動をアシストする「アシストナビ機能」、保護者や支援者が利用者の位置や目的地周辺への到着を確認できる「みまもるフェンス機能」などが利用できる。

 保護者や支援者は専用サイトを使い、位置情報の確認、利用者の習熟度に応じたホーム画面の変更、利用するアプリの選択、メールの定型文作成、徒歩用ナビゲーションの目的地設定などが可能となる。同社では、提供開始に合わせて、「アシストスマホ」相談ダイアルを開設するほか、相談対応や案内セミナーも実施する予定。また「アシストスマホ」の情報交換サイト「アシスマネット」も開設している。

 なお「アシストスマホ」は、厚生労働省が実施する2013年度の障害者自立支援機器等開発促進事業に採択されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top