大地震時の漏電火災を防ぐ感震機能付き住宅用分電盤をデモ展示…テンパール工業 | RBB TODAY

大地震時の漏電火災を防ぐ感震機能付き住宅用分電盤をデモ展示…テンパール工業

ブロードバンド その他

感震機能付き住宅用分電盤「パールテクト」デモの様子。外見は普通の分電盤だが、付属するセンサーユニットと連動して、震度5強の地震を感知すると音と光で警報を発する
  • 感震機能付き住宅用分電盤「パールテクト」デモの様子。外見は普通の分電盤だが、付属するセンサーユニットと連動して、震度5強の地震を感知すると音と光で警報を発する
  • 地震を検知するセンサーを組み込んだ「ES-BX」。物理的な大きな揺れに反応する仕組みなので誤作動も起きにくいのでいざという時に効果を発揮してくれる
 漏電遮断機のテンパール工業は、感震機能付き住宅用分電盤「パールテクト」を東京ビッグサイトで開催された「ジャンボびっくり見本市」でデモ展示した。パールテクトは震度5強相当の地震を感知するセンサーユニット「ES-2B」を組み込んだ分電盤で、地震を感知すると自動で電気回路を遮断して漏電や電気機器による火災を防ぐ。

 パールテクトは、地震を感知してから回路を遮断するまでに3分間の余地がある。これは照明を確保して避難をスムーズにできるように配慮したためだ。揺れを感知すると、電源ランプが点滅し、同時にブザーが鳴動、警報を発する。その間にすみやかに避難するのだ。

 また、3分の間に停電が発生した場合は地震があったことをセンサーが記憶し、電源が復旧したあとも、火災予防の観点から自動で電気が復旧しない仕組みになっている。これは、地震を検知した段階で、主幹漏電ブレーカーを遮断することで、地震によって漏電箇所があった場合や、電気ヒーターなどが人が避難している状態で復電して火事の火元になることを防止してくれる機能だ。

 センサーは既設のテンパール製住宅用分電盤に後付けもできる。分電盤内に組み込めない場合は、別置き用の「ES-BX」が用意されている。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top