パソコンファーム、ミャンマーの寺院にWindows PC 17台を寄贈 | RBB TODAY

パソコンファーム、ミャンマーの寺院にWindows PC 17台を寄贈

IT・デジタル その他

PC寄贈の模様(2014年3月12日ミャンマーの寺院にて)
  • PC寄贈の模様(2014年3月12日ミャンマーの寺院にて)
  • 2014年3月12日ミャンマーの寺院にて
  • 2014年3月12日ミャンマーの寺院にて
  • 2014年3月12日ミャンマーの寺院にて
 ハイブリッジコンピュータが運営するリサイクルサービス「パソコンファーム」は3月14日、ミャンマーの子どもたちにパソコンをプレゼントするキャンペーンにおいて、17台のパソコンを寄付したことを発表した。

 このキャンペーンは、“ホワイトデーボランティア活動”として企画され、『「パソコンファーム」のFacebookページにおいて、200いいね!毎に1台のパソコンをプレゼントする』というものだ。3月10日時点で、3500いいね!超となっていたことから、17台のパソコンを3月12日に寄付。受け渡しはハイブリッジコンピュータが直接行ったという。

 発展途上で新しい国に生まれ変わろうとしているミャンマーにおいては、パソコン普及が著しく低いとのことで、今回プレゼントの対象になったという。リサイクルで回収したモノのなかから、再利用可能なWindows 7 PCをピックアップし、2000人規模の子供達に教育を展開している寺院に届けたとのこと。

 パソコンファームでは引き続き、ボランティア活動を継続する意向だ。なおパソコンファームでは、使い終わった古いパソコンや家電を、無料で処分するキャンペーンを開催中。対象商品であれば着払いで受け付けるもので、キャンペーン期間は3月31日まで。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top