携帯電話・PHS事業者各社、新学期に向け「フィルタリング」の普及を啓発 | RBB TODAY

携帯電話・PHS事業者各社、新学期に向け「フィルタリング」の普及を啓発

エンタープライズ モバイルBIZ

フィルタリングサービスロゴマーク
  • フィルタリングサービスロゴマーク
  • 総務省「春のあんしんネット・新学期一斉行動」における主な取組」
 電気通信事業者協会(TCA)と携帯電話・PHS事業者各社は3月12日、新学期を前に、内閣府・総務省等による「春のあんしんネット・新学期一斉行動」に連動して、フィルタリングサービスの普及啓発等のため、さまざまな取組みを実施することを発表した。

 内閣府・総務省等では、春の卒業・進学・新入学の時期に特に重点を置き、「店頭におけるフィルタリングの説明等の徹底」「家庭におけるルールづくりの推奨」など、関係府省庁・関係事業者等と協力して「春のあんしんネット・新学期一斉行動」として集中的な取組を展開している。これを受け各事業者も、普及啓発活動の展開を行うもの。

 具体的には、フィルタリングサービス普及促進に向けた取組みとして、「青少年利用に応じたフィルタリングサービス等の提供」「店頭におけるフィルタリングサービス訴求」「CGMコンテンツ提供会社への年齢情報の提供」を行う。フィルタリングサービスロゴマークの再訴求も行う。あわせて青少年の携帯電話リテラシー向上に向けた取組みとして、全国の学校(小学校・中学校・高等学校)に講師を派遣する「ケータイ安全教室」といった働きかけも各社で実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top