良品計画、ビッグデータ分析に「トレジャーデータサービス」採用 | RBB TODAY

良品計画、ビッグデータ分析に「トレジャーデータサービス」採用

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

良品計画サイト
  • 良品計画サイト
  • トレジャーデータサイト
 トレジャーデータは3月13日、同社のクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を、無印良品を展開する良品計画が採用したことを発表した。

 ネットショッピングサイト「無印良品ネットストア」およびスマホアプリ「MUJI passport」の、ビッグデータ分析ツールとして利用される。「無印良品ネットストア」は現在、インターネット限定商品やアウトレット商品を含め、衣料品や家具、日用品、食品等、7,000点以上の商品を販売している。全登録会員数は430万人以上、平均して毎日11万人超の利用者が同サイトを訪問している。

 また「MUJI passport」は、商品購入に応じて提供される「MUJIショッピングポイント」を管理できる他、「無印良品」において優待価格でショッピングできる特別クーポンの発行等を行っている。利用会員数は140万人。

 「トレジャーデータサービス」は、大容量の時系列データを収集・保管・集計できる、クラウド型データマネージメントサービス(DMS)。良品計画では、「無印良品ネットストア」にアクセスする利用者・アプリ利用者の各種ログデータの収集、保管、分析作業を効率的に行い、ニーズや購買行動等のデータ分析を「トレジャーデータサービス」を活用して行い、「無印良品ネットストア」と実店舗である「無印良品」間において、互いに利用者を送客し合える環境を構築を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top