パナソニック、堅牢タブレット「TOUGHPAD」に通話もできる5インチモデル2機種 | RBB TODAY

パナソニック、堅牢タブレット「TOUGHPAD」に通話もできる5インチモデル2機種

IT・デジタル モバイル

Windows Embedded 8 Handheldモデルの「FZ-E1」
  • Windows Embedded 8 Handheldモデルの「FZ-E1」
  • Androidモデルの「FZ-X1」
 パナソニック システムネットワークスは24日、堅牢タブレット「TOUGHPAD」シリーズ初となるLTE/3G回線での音声通話機能を搭載した5インチモデル2機種を発表した。

 ラインナップされたのは、Windows Embedded 8 Handheldモデルの「FZ-E1」とAndroidモデルの「FZ-X1」の2モデルで、発売は「FZ-E1」が6月中旬、「FZ-X1」が8月下旬。いずれも法人向けとなる。5インチサイズだが、同社ではタブレットとしている。

 シリーズ初のLTE/3G回線での音声通話に対応したことが最大の特長。耐落下・衝撃性能は、米国国防総省のMIL-STD-810G準拠のほか、3メートルの高さから独自の落下試験も実施。防塵・防滴/防水はIP65/IP68準拠と、他の「TOUGHPAD」シリーズと同様の堅牢性を誇る。ヒーターも内蔵し、マイナス20度の低温環境でも利用可能。

 バッテリは6,200mAhの高容量で、連続駆動約14時間、連続待受約1,000時間のロングライフも実現。また、1時間で約50%充電する急速充電機能と、電源を切らずにバッテリーパック交換できるホットスワップ機能も搭載した。

 ディスプレイは5インチ(1,280×720ピクセル)で、プロセッサは「FZ-E1」がMSM8974AB(2.3GHz)、「FZ-X1」がAPQ8064T(1.7GHz)、メモリ2GB、ストレージは32GB。カメラは800万画素と130万画素、Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、GPS、GLONASS、1次元、2次元バーコードリーダーなどを内蔵する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top