板尾&ほんこん、コンビで「THE MANZAI」参戦も!? 「プレッシャーで気持ち悪くなってきた!」 | RBB TODAY

板尾&ほんこん、コンビで「THE MANZAI」参戦も!? 「プレッシャーで気持ち悪くなってきた!」

エンタメ 映画・ドラマ

11日放送のドラマ「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系)に漫才コンビ役で出演する130Rの板尾創路(左)とほんこん
  • 11日放送のドラマ「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系)に漫才コンビ役で出演する130Rの板尾創路(左)とほんこん
  • 「福家警部補の挨拶」公式サイト
 お笑いコンビ・130Rの板尾創路とほんこんが、11日放送のフジテレビ系ドラマ「福家警部補の挨拶」に漫才コンビ役として出演することが4日、わかった。約6年ぶりに漫才を披露する。

 2人が演じるのは、かつて名コンビとして大人気を博したものの、すでに下り坂の漫才コンビ「京阪のぼり・くだり」。最近では酔っ払ったような状態で舞台に上がり、以前のキレを失った京阪くだりこと内海珠雄役をほんこんが演じ、そんな内海に“三行半”を突きつける京阪のぼりこと立石浩二役を板尾が演じる。

 事務所社長から独り立ちを勧められても、内海をかばって首を縦に振らない立石だったが、コンビ2人だけになると内海に解散を懇願。しかし一向に解散を受け入れない内海を、ついに転落事故に見せかけて殺害してしまう。事故として処理されようとするところ福家警部補(檀れい)だけは疑問を抱き、過去の二人の漫才を全て映像でチェックするなど彼女ならではの粘り強い捜査で真実へと迫っていく――。

 個々での活動が多い板尾とほんこんだが、今回は6年ぶりに漫才の収録を行い、ボケ役の内海(ほんこん)に突っ込み役の立石(板尾創路)が思いっきり突っ込みをいれる様子に演技ながらもスタッフたちは笑いをこらえながらの収録となった。

 130Rではボケは板尾、ツッコミはほんこんだが、ドラマ上では逆の立場となり、漫才にもドラマ用に作成された台本があるということで板尾は「立ち位置も違うしあくまでもお芝居で、ネタをやったという感じはしません」と語るが、やはり客前で笑いをとるという行為である以上、「“ちょっとでもウケるんやったらそのようにやりたい”という芸人としての欲、“性(さが)”が出てきてしまった」と言い、ほんこんも「“(台本よりも)広げてもっとネタやった方がええんか?! ”て思ってしまう」と芸人としての本音を語った。

 今回、2人は事前に練習することはなかったそうで、収録当日の通常のドラマリハーサルでネタを重ねていく中で漫才を作りあげていったという。久しぶりに漫才を披露した2人だが、「『THE MANZAI』への参戦は?」との質問には即否定。「何言うてますの! 画面に映ったら(2人が)浮くよ! てことは決勝に残ることを想定して話していること自体おかしいけれど・・・」とほんこんは笑い、板尾も「楽しんでやってるな、てくらいがいいと思います」と話した。が、コンビで舞台に立つ姿を場面を想像したのか、ほんこんは「ごっついプレッシャーで気持ち悪くなってきた!」と、現実味も!? 2人とも参戦は否定しながらも、「“来年ちょっと頼むわ、俺を男にしてくれー”って」(板尾)、「“わかったで相棒! ”て言ってたら気持ち悪いやろー」(ほんこん)と盛り上がっていた。

 「福家警部補の挨拶」は毎週火曜午後9時~9時54分放送。
《花》

関連ニュース

特集

page top