NTTドコモが純増数大幅増で2年ぶりにトップ……MNPはKDDIが27ヵ月連続1位を守る 12月契約者数 | RBB TODAY

NTTドコモが純増数大幅増で2年ぶりにトップ……MNPはKDDIが27ヵ月連続1位を守る 12月契約者数

IT・デジタル モバイル

iPhone 5s/5cの在庫状況が改善されたことが純増数トップの要因の一つとNTTドコモ
  • iPhone 5s/5cの在庫状況が改善されたことが純増数トップの要因の一つとNTTドコモ
  • NTTドコモ契約者数
  • KDDI契約者数
  • ソフトバンクモバイル契約者数
 電気通信事業者協会(TCA)は10日、携帯各社2013年12月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。NTTドコモが2011年12月以来、2年ぶりに純増シェア1位となった。

 契約者数は、NTTドコモが279,100件の大幅な純増で62,181,600件、KDDIが222,600件の純増で39,616,900件、ソフトバンクモバイルが224,300件の純増で34,759,500件と、3社とも20万件を超える純増を記録。とくにドコモは前月の93,000件あまりの純増から大幅に伸ばした。NTTドコモ純増数トップは2年ぶり。

 MNPでは、KDDIが43,300件、ソフトバンクモバイルが9,400件の転入超過、NTTドコモが51,000件の転出超過となった。KDDIはこれでMNP27ヵ月連続トップの座を守ったものの、11月以降数字を減らしており、これに合わせるようにNTTドコモの転出数も減ってきている。11月以降、MNPにおいては3社の差が小さくなっているのが見てとれる。

 これらの結果について、NTTドコモではiPhone 5s/5cの在庫状況が改善され販売が好調だったこと、Android端末も冬春モデルがそろい、ラインナップが充実してきた点が純増につながったと分析。KDDI、ソフトバンクでは、12月の純増数が好調だったとして、通年で考えれば成果が現れているとしている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top