LINE、発信元を識別し迷惑電話を避けるアプリ「whoscall」提供開始 | RBB TODAY

LINE、発信元を識別し迷惑電話を避けるアプリ「whoscall」提供開始

ブロードバンド その他

着信画面への表示(迷惑電話)
  • 着信画面への表示(迷惑電話)
  • 着信画面への表示(企業・店舗からの電話)
  • 着信拒否リスト画面
  • 「LINE whoscall」イメージ
  • 搭載データベース
 LINEは1月9日、台湾のスマートフォンアプリ開発会社Gogolook社が開発したアプリ「whoscall」(フーズコール)の国内提供を開始した。

 インターフェイスをLINEユーザー向けに刷新し、「LINE whoscall」(Android対応)として無料公開する。

 「LINE whoscall」は、知らない番号からの電話・SMSの発信元情報の識別・表示および着信拒否ができるアプリだ。イエローページなどで企業や店舗が一般公開している電話番号を中心に、世界6億件以上の電話番号をデータベース化している(ホワイトリスト、ブラックリスト両方)。

 これにより、知らない番号からの電話・SMSの着信時でも、自動で識別を行い、「迷惑電話」「勧誘電話」などの表示を行い、電話に出る前から企業や店舗からの着信なのか、迷惑電話と思われる番号からの着信なのかが確認できる。また、海外からの迷惑電話も識別することが可能。迷惑電話として識別した着信は、LINE whoscallのブロックボタンを押すだけで着信拒否ができる。

 データベースをあらかじめスマートフォンにダウンロードしておけば、インターネットに接続してなくてもリアルタイムに発信者情報を識別し、着信拒否できる。なお、公開時のバージョンではLINEアカウント認証機能は搭載しておらず、LINEを利用した無料通話やトークはサービス対象外となる。

 元となったアプリ「whoscall」は、ダウンロード数が世界600万件を突破し、台湾・香港・インドネシア・マレーシアなど8ヵ国のGoogle Playで「Google Best Apps 2013」に選定されている。

 なお、LINE whoscallでは、アプリ内にスマートフォンのアドレス帳を連携させることによって「知人からの着信」を表示させることが可能。日本国内での利用において、アドレス帳内のデータはLINEおよびGogolookのサーバで収集することはないとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top