国内IT市場予測、大企業とSMBでIT投資意欲に差 | RBB TODAY

国内IT市場予測、大企業とSMBでIT投資意欲に差

エンタープライズ 企業

国内IT市場 企業規模別 支出額予測: 2011年~2013年
  • 国内IT市場 企業規模別 支出額予測: 2011年~2013年
 IDC Japanは1月7日、国内IT市場(産業分野別・企業規模別)について、2013年上半期の分析と2013年~2017年の市場規模予測を発表した。2013年は景気の回復によって企業の業績が改善し、多くの企業でIT支出が伸びていた。

 一方で企業規模別で見ると、大企業(従業員1,000人以上)は、多くの企業で業績が改善しIT支出も回復傾向にあるため、2013年の成長率は前年比1.2%(2013年IT支出額:6兆5,523億円)と予測されたが、SMB(中堅中小企業/999人以下)は、回復傾向にあるものの、まだ多くの企業で業績の改善が遅れているため、成長率は0.2%に留まると予測された(2013年IT支出額:3兆5,328億円)。

 さらに細かくSMBの内訳を見ると、小規模企業(1~99人)が1兆607億円(前年比成長率:マイナス0.2%)、中小企業(100~499人)が1兆5,544億円(同:0.3%)、中堅企業(500~999人)が9,177億円(同:0.7%)となっており、規模が小さいほど、成長が鈍化する見込みだ。その結果、2014年IT投資は、投資額、投資の内容の両面において企業規模間格差が開いていく可能性が高いと、IDCでは予測している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top