ソニー、楽曲情報管理の米国グレースノート社を売却 | RBB TODAY

ソニー、楽曲情報管理の米国グレースノート社を売却

 ソニーの米国完全子会社であるソニー・コーポレーション・オブ・アメリカは12月23日、子会社であるグレースノート社(Gracenote)株式のすべてを、米Tribune Companyに対して売却することを決定した。

エンタープライズ 企業
グレースノートを活用しているソフトウェアでのロゴ表示
  • グレースノートを活用しているソフトウェアでのロゴ表示
  • グレースノート社サイト
 ソニーの米国完全子会社であるソニー・コーポレーション・オブ・アメリカは12月23日、子会社であるグレースノート社(Gracenote)株式のすべてを、米Tribune Companyに対して売却することを決定した。

 グレースノートは、音楽CD・ビデオ製品の情報データベースを管理する企業。音楽CDに関する情報は1億以上を保有しており、iTunesなどのソフトウェアをはじめ、各種家電、スマートフォン/携帯電話アプリケーション向けに活用されている。ユーザーが楽曲名などを入力しなくても、エンタメ情報の画面表示・情報登録などが可能となる。

 グレースノートの売却価額は1億7000万USドル(約177億2000万円)となる見込み。売却は、2014年3月31日までに完了する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top