大堀恵、お色気キャラは「等身大の自分」……AKB時代のファンに謝罪 | RBB TODAY

大堀恵、お色気キャラは「等身大の自分」……AKB時代のファンに謝罪

 AKB48およびSDN48の元メンバーでタレントの大堀恵が、テレビ等で見せる自身の“キャラクター”についてブログで説明している。

エンタメ ブログ
 AKB48およびSDN48の元メンバーでタレントの大堀恵が、テレビ等で見せる自身の“キャラクター”についてブログで説明している。

 「元気ねぇ~」「坊や、スケベねぇ」などとお色気たっぷりの言動で人気を集めている大堀。AKB在籍当時からセクシーキャラを前面に打ち出して頭角を現し、その後も「大堀めしべ」名義でソロデビューシングル「甘い股関節」をリリースしたり、シングル発売イベントではファンに抱きついて耳元で囁くという「ハグ会」を行うなど、従来のアイドルとは異なるポジションを築いていた彼女。今年1月に脚本家の金沢達也氏と結婚し、本物の“人妻”になってからはさらに一皮むけたようで、番組で共演したお笑いタレント・有吉弘行にそのキャラクターを絶賛されるなど、お色気人妻タレントとしてブレイクの兆しを見せている。

 しかしAKB時代からのファンにとっては、現在の大堀のキャラに違和感を覚える人も少なからずいるらしく、大堀は17日に更新したブログで、「番組などでの声やキャラが違う」との声が寄せられていることについて言及。メンバー中、一番年長だったAKB時代は、埋もれず生き残るための手段として、「若い女の子たちに勝てるのではないか?」と考えてセクシーなお姉さんキャラを選択したが、その頃は「皆様の前に立つ時、どこかスイッチを入れて自分とは違うセクシーな女性になろうとしていました」と、無理してキャラクターを演じていたことを明かす。

 しかし現在は、当時と異なり、「今は、結婚もして等身大の自分でいることができています」と大堀。お色気キャラも“等身大の自分”だと明言するとともに、「昔の私を応援して下さった方、等身大の私がお見苦しかったらごめんなさい」と謝罪。「これからも自分らしく前向きに頑張ります」とつづってブログを結んでいる。
《花》

関連ニュース

特集

page top