博報堂DYMPとドコモ、妊婦向けラーニングサービス「妊婦手帳」アプリ配信 | RBB TODAY

博報堂DYMPとドコモ、妊婦向けラーニングサービス「妊婦手帳」アプリ配信

 博報堂DYメディアパートナーズとNTTドコモは12月11日、妊娠中の不安を軽減する妊婦向けラーニングサービス「妊婦手帳」アプリを共同開発したことを発表した。産科の医療機関と連携した妊婦向けアプリの提供は、国内で初。

エンタープライズ モバイルBIZ
アプリ画面(妊娠週数カウンター、Today's Baby、Q&A)
  • アプリ画面(妊娠週数カウンター、Today's Baby、Q&A)
  • アプリ画面(体調マイデータ、おすすめレシピ)
  • アプリ画面(赤ちゃんのためにして欲しいこと、病院からのお知らせ、医療機関向け管理画面)
  • 連携医療機関(提供開始当初)
 博報堂DYメディアパートナーズとNTTドコモは12月11日、妊娠中の不安を軽減する妊婦向けラーニングサービス「妊婦手帳」アプリを共同開発したことを発表した。産科の医療機関と連携した妊婦向けアプリの提供は、国内で初。

 「妊婦手帳」は、妊娠中の人が体重やつわりなどの体調データを入力・自己管理する機能、妊娠時期に合わせて赤ちゃんの様子を知らせる「Today's Baby」、よくある悩みに関する「Q&A」、その時期に行って欲しいことやアドバイスを配信する「赤ちゃんのためにして欲しいこと」など、妊娠中に必要なことを手軽に学べるコンテンツを提供するアプリとなっている。

 医療機関と連携することで、通院中の妊婦に対して医療機関からオリジナルコンテンツやお知らせも配信する。医療機関はパソコンから、妊婦のインプット履歴(体調データ、To Doリストの理解度)の閲覧や、各種情報配信の設定ができる。提供開始当初は8病院との連携を予定し、今後3年で500医療機関との連携を目指す。また2014年度下期までに、ドコモ・ヘルスケアが提供する健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」との連携を予定している。

 対応OSはiOS 5.0以上、Android OS 4.0以上。アプリは、iPhoneおよびAndroidスマートフォン向けに無料で提供中。過去記事の閲覧や検索・グラフ表示などの一部機能は有料メニュー(税込200円/月)として提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top