しし座流星群、11月17日に観測ピーク……太平洋側ほど晴れて観測チャンス | RBB TODAY

しし座流星群、11月17日に観測ピーク……太平洋側ほど晴れて観測チャンス

ブロードバンド テクノロジー

しし座流星群の観測ピークを迎える17日の天気傾向
  • しし座流星群の観測ピークを迎える17日の天気傾向
  • しし座流星群を中継する24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」
 秋の天体イベント「しし座流星群」が17日に観測ピークを迎える。ウェザーニューズの発表によれば、当日の全国の天気傾向は、太平洋側ほど晴れて天体観測に絶好の夜空となる予想だ。

 しし座流星群の観測チャンスは17日午後11時~翌18日午前5時頃となり、ピークは18日午前1時の見込み。当日の天気は、17日の夜は西高東低の冬型の気圧配置となり、太平洋側は晴れて広い範囲で流星観測を楽しめそうだが、北海道北部は雲に覆われるため観測には難しい条件になりそうな予想となっている。また、北海道の日本海側~山陰にかけても雲が多くなるため、観測は雲の隙間からとなる見込みだ。

 また、当日には24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて、全国7ヵ所から流星の同時中継を行う特別番組が放送される予定。同番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24Ch.」で楽しめるほか、PCやテレビ(BS910ch)にて視聴可能だ。
《花》

関連ニュース

特集

page top