素材をつなぐだけで簡単にボカロ曲が完成! iOSアプリ『VOCALOID first』無料公開 | RBB TODAY

素材をつなぐだけで簡単にボカロ曲が完成! iOSアプリ『VOCALOID first』無料公開

エンタープライズ モバイルBIZ

歌詞の設定画面
  • 歌詞の設定画面
  • メロディの編集画面
  • テーマ選択画面
  • 再生画面
  • 『VOCALOID first』アイコン
  • 配信予定の「楽曲テーマ」
 ヤマハは11月7日、メロディー素材をつなぎあわせるだけで簡単に「ボカロ曲」を作曲できるiPhone、iPod touch、iPad向けのアプリケーション『VOCALOID first』の提供を開始した。App Storeから無料でダウンロード可能。

 ヤマハの歌声合成技術およびその応用ソフトウェアである「VOCALOID」を使った楽曲は、「ボカロ曲」などと呼ばれ、ニコニコ動画などの動画ポータルサイトで多数発表され、近年では各種ランキングの上位にも多数ランクインする人気となっている。

 『VOCALOID first』は、音楽制作の経験がまったくなくても、「ボカロ曲」を簡単に制作できるアプリケーションだ。あらかじめ用意されたメロディー素材を並べて、歌詞を入力するだけで、だれでも簡単に「ボカロ曲」を制作できる。歌声には、日本語女声の歌声ライブラリ「VY1」を採用している。なお、『スペースチャンネル5』『Rez』『Child of Eden』などの人気ゲームを手掛けた水口 哲也氏が開発プロデューサーを務めた。

 『VOCALOID first』では、メロディーや歌詞などの素材集である「楽曲テーマ」を選択してから楽曲を制作。「はじめてのボカロうた」「純心ガール☆ポップチューン」「サラリーマン侍 テクノ川柳」など、さまざまな世界観のテーマが用意されており、サンプル曲を事前に試聴することも可能。あらかじめテーマを決めて、メロディー素材をブロック単位で並べて、伴奏付きの楽曲を制作できる。メロディーブロックの入れ替えや削除にも対応するほか、音の高さをノート単位で変更し、楽曲の微調整を行うことも可能。

 ノートを複数選択すると、「楽曲テーマ」にそった歌詞の候補が自動提案され、候補から気に入った歌詞を選択するだけで、歌詞をノートに流し込むこともできる。今後さまざまな「楽曲テーマ」の追加が予定されている。出来上がった楽曲はオーディオファイル(m4a形式)として外部にメール送信可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top