KDDI、韓国で普及の電子マネー「Cashbee」をauスマホ向けに提供 | RBB TODAY

KDDI、韓国で普及の電子マネー「Cashbee」をauスマホ向けに提供

 韓国イービーカード社とKDDIは11月6日、プリペイド式電子マネー「Cashbee(キャッシュビー)」をauスマートフォン向けに提供することを発表した。2014年3月より提供を開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 利用場所
 韓国イービーカード社とKDDIは11月6日、プリペイド式電子マネー「Cashbee(キャッシュビー)」をauスマートフォン向けに提供することを発表した。2014年3月より提供を開始する。

 「Cashbee」は、イービーカード社が韓国で提供中の、プリペイド式の電子マネーサービス。NFC搭載のスマートフォンに対応しており、タッチするだけで簡単に買い物が可能。韓国国内では、2007年7月より提供が開始され、ロッテグループのデパートやコンビニなど全国7万店舗に導入され、約500万人が利用している。

 「Cashbee」対応により、観光やビジネスで韓国を訪れる機会の多い日本国内のユーザーも、「おサイフケータイ」のように電子マネーが利用可能となる見込みだ。対象機種は、2012年11月以降に発売されたNFC対応のauスマートフォン。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top