【木暮祐一のモバイルウォッチ】第39回 iPhoneに装着して使用!衛星電話アダプター「202TH」を試す | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第39回 iPhoneに装着して使用!衛星電話アダプター「202TH」を試す

IT・デジタル モバイル

iPhoneが衛星電話になるアダプター、SoftBank TH202
  • iPhoneが衛星電話になるアダプター、SoftBank TH202
  • 大型のiPhone用外付けバッテリーといった感じだ
  • 衛星電話であることを自己主張する太いアンテナ
  • iPhoneを装着して使用するが、Bluetoothで接続するため、じつは装着しなくても通話等ができてしまう
  • 専用アプリ「Satsleeve」を使って通話する
  • 衛星パケット通信も可能。このアダプターがモバイルWiFIルーター代わりになる。
  • Charge PhoneというスイッチをONにすると、アダプターがiPhoneの外付けバッテリーとなる
  • アダプターは衛星無線機部分とiPhone装着部とに2分割できる。将来iPhoneがモデルチェンジした場合は装着部だけ交換すればよい
 日本ではソフトバンクモバイルと日本デジコムが取り扱うスラーヤ衛星電話。9月にソフトバンクが発売開始したその最新モデルは、なんとiPhone 5に装着し通話用ハンドセットをiPhoneで代用するという衛星電話アダプターなのである。ソフトバンクでの製品名はSoftBank 202TH。製品発表以来、このモデルが気になって仕方なかったのだが、たまたまこの製品をお借りして試用する機会を得たので、ここでご紹介したい。

 スラーヤ(THURAYA)とは、アラブ首長国連邦のThuraya Satellite Telecommunicationsが提供している衛星電話サービスである。衛星電話サービスというと、日本ではNTTドコモが提供する日本国内専用の衛星電話サービス「ワイドスターII」や、KDDIが取り扱うインマルサット、イリジウムなどが知られている。もともとスラーヤは日本では運用されていなかったが、東日本大震災の被災地支援で臨時運用が認められ、小型軽量であることや接続性の良さが評判を呼んだ。これを受けて2012年12月にはソフトバンクモバイルと日本デジコムが日本国内の包括免許を取得、日本国内でのスラーヤ衛星電話サービスの取り扱いを開始した。

 ここでご紹介するiPhone 5に装着して使用する202THは、もともと世界ではSatsleeveという端末名で販売されていたが、ソフトバンクからのリクエストでモバイルWiFIルーター機能も加えられたオリジナル端末として2013年9月より日本で出荷が開始された。専用アプリも完全に日本語対応しており、日本のユーザーが安心して使用できる。衛星電話サービスであるので、空さえ見渡せれば携帯電話の電波が届かない場所でも通話が可能である。通信速度が下り最大60kbpsではあるがパケット通信も可能で、これまで携帯電話が使えなかった山岳地帯や海上からも、ツイッターやLINEでコミュニケーションができる。衛星電話アダプターの裏蓋を外すとSIMカードスロットがあり、ここにスラーヤ衛星電話サービス用のSIMカードを装着して使用する。スラーヤには専用の電話番号があり(+88216で始まる13桁の電話番号)、衛星電話アダプターを装着することにより実際には2台の電話端末を持ち歩くような利用イメージとなる。

 さっそく、筆者のiPhone 5を装着してみよう。iPhoneジャケット(カバー)を取り付ける要領で、202THにiPhone 5をはめ込めばよい。また202THの使用にあたって、専用アプリ「Satsleeve」をインストールしておく。続いて、202THとiPhone 5のペアリング作業を行う。アダプターにはDockコネクタが付いているのだが、じつはこれは充電用であり、202THとiPhone5の接続にはBluetoothを介して行う。202THの裏蓋を外すとペアリング用のボタンがあるので、これをプッシュしてiPhone 5と接続する。容量を確認することができなかったが、202THには大容量のバッテリーを備えており、iPhoneに電源を供給する機能も備えている。つまりTH202はiPhoneの予備バッテリーとしても機能してしまうのだ。
《木暮祐一》

関連ニュース

特集

page top