ソフトバンク、携帯卸売大手の米ブライトスターを子会社化……約11億ドルで買収へ | RBB TODAY

ソフトバンク、携帯卸売大手の米ブライトスターを子会社化……約11億ドルで買収へ

 ソフトバンクは10月19日、携帯端末の卸売事業を展開する米ブライトスター(Brightstar Corp.)を買収することを発表した。同社の主要株主と10月18日に合意した。

エンタープライズ 企業
「ブライトスター」サイト
  • 「ブライトスター」サイト
  • 米国子会社を通じたブライトスター株式の取得等
  • ブライトスターの概要
 ソフトバンクは10月19日、携帯端末の卸売事業を展開する米ブライトスター(Brightstar Corp.)を買収することを発表した。同社の主要株主と10月18日に合意した。

 ブライトスターは、移動通信分野に特化した世界最大の卸売会社。携帯端末メーカーやキャリア、小売業者など、移動通信分野の主要企業に対して、携帯端末やアクセサリー類の卸売、携帯端末の物流・在庫管理、携帯端末に係る保険、買戻し、下取りなどを提供している。現在、ブライトスターは50カ国以上に拠点を構え、125カ国以上でサービスを提供中だ。

 ソフトバンクは2013年7月に、米スプリント・ネクステル・コーポレーション(現スプリント・コミュニケーションズ・インク)を買収しており、ブライトスターを子会社化することにより、携帯端末の調達規模を拡大し、日米において競争力をさらに高めるのが狙い。

 ソフトバンクは、米国子会社に総額12.6億米ドル(約1,247億円)を投資し、そのうち約11.05億米ドル(約1,094億円)および米国子会社株式を対価として、米国子会社がブライトスターの全株式を取得する。これにより、ブライトスターの完全親会社になる米国子会社の議決権および普通株式の約57%を間接的に所有し、ブライトスターを子会社化する。今後は、米国子会社の議決権および普通株式の所有割合を約70%まで引き上げる予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top