20歳のリフォーム…浴室のリフォームを3Dで見るアプリ | RBB TODAY

20歳のリフォーム…浴室のリフォームを3Dで見るアプリ

エンタメ その他

「20歳(はたち)のリフォーム」キャンペーンイメージ画像
  • 「20歳(はたち)のリフォーム」キャンペーンイメージ画像
  • 100のリフォーム・アイディア
  • 「Bathroom 3D」画面
  • 「Bathroom 3D」画面
  • キャンペーンロゴ
 “新築から20年経った「20歳」のタイミングこそ、住まいを見直す時期である”という考えに基づき、パナソニック株式会社エコソリューションズ社がリフォームを提案・支援する。

 パナソニック株式会社エコソリューションズ社は、新築から20年経った住まいのリフォームを提案する「20歳(はたち)のリフォーム」キャンペーンを展開中だ。バスルームのリフォームを3DでシミュレーションできるiPad用アプリ「Bathroom 3D」も公開している。

 「20歳(はたち)のリフォーム」キャンペーンは、今年の12月31日までの期間限定キャンペーン。20年というのは、水まわりを中心に、設備機器本体の取り替えが必要な時期であるとともに、家族構成やくらし方、嗜好の変化にともない、住まい全体を見直すタイミングでもあるという。20年の間に住宅設備も、より便利でエコに進化しているのも重要な点だ。

 同キャンペーンでは、築20年前後の住宅居住者を主な対象として、全国61か所のパナソニックリビングショウルームで、「住まいのリフォーム相談会」を実施。ショウルームでは、家族構成・ライフスタイルに応じたリフォームをまとめた「100のリフォーム・アイディア」集などをもとに、さまざまな提案を行っている。この「100のリフォーム・アイディア」集は、現在ウェブ上でも公開中で、「間接照明がつくるホテルライクな寝室」「定年後も仕事を続けられるSOHO空間」「20年で増えたものが片づくリビング」など、計100例のリフォーム例が紹介されている。

 また同キャンペーンにともない、バスルームのリフォームを3DでシミュレーションできるiPad用アプリ「Bathroom 3D」が公開されている。「キッチン」バージョン(「Kitchen 3D」)に続いて登場した、今回の「お風呂」バージョン「Bathroom 3D」は、リアルタイムに生成された3DCGオブジェクトを使って、新しいバスルームを立体的にイメージできるAR(拡張現実)アプリケーションとなっている。壁・浴槽・床などの色柄について、最新プランのなかから好みのデザインを選択すれば、簡単にリフォームシミュレーションが行える。アプリは無料でApp Storeよりダウンロード可能だ。

 さらに現在、同キャンペーンの新TV-CMも放送中。CMには20歳(撮影当時)の女優・石塚かえでを起用。「君の20歳(はたち)は、わが家の20歳(はたち)。」をコンセプトに、彼女が生まれてからの20年間を撮影した写真で成長の過程を追うとともに、この20年間における住宅設備の進化を振り返るという内容だ。CMにいっしょに登場する「お父さん」と「お母さん」は、石塚さんの本当の両親。2人の間に立ち、約20年前の大ヒット曲「愛は勝つ」をバックミュージックに、家族が住まいとともにときを経ていく様子を映し出している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top