“愛煙家あるある!”…サイト『ちょっと一服ひろば』がリニューアル | RBB TODAY

“愛煙家あるある!”…サイト『ちょっと一服ひろば』がリニューアル

エンタメ その他
『ちょっと一服ひろば』ロゴ
  • 『ちょっと一服ひろば』ロゴ
  • 「ちょっと一服ひろば」トップページ
  • 『ぷくネタ』ロゴ
  • 『ちょっと一服ノベルズ:とある広場で、あの人と。』ロゴ
 日本たばこ産業(JT)は10月1日、成人喫煙者向けの情報発信サイト『ちょっと一服ひろば』をリニューアル公開した。たばこにまつわる様々なコンテンツを新たに公開するとともに、スマートフォン表示にも対応した。

 リニューアル第一弾として、『ぷくネタ』および『大人のエアいっぷく』の、2つのコンテンツを新たにスタートさせる。『ぷくネタ』は、エンタメ、ビジネス、トレンド、恋愛、生活、コラムと6つのジャンル別に、独自の視点に基づく記事を愛煙家に届けるというもの。ためになる記事、あまりためにならなそうな記事などいろいろ取り混ぜ、毎日5本のペースで配信される予定だ。

 『大人のエアいっぷく』は、「大人たばこ養成講座」から生まれた新コンテンツ。愛煙家が普段感じている「そうそう!」や「あるある!」を4コマ漫画で表現する。愛煙家の気持ちを代弁する新キャラクター「空太郎(そらたろう)」の日常が、ユーモラスなトーンで、隔週にて描かれる予定となっている。

 さらに10月4日からは『ちょっと一服ノベルズ:とある広場で、あの人と。』がスタート。雑誌「ダ・ヴィンチ」とのコラボレーションによる、著名作家たちが手掛けるショートストーリー連載だ。ベストセラー小説からスピンオフした、ここでしか読めないオリジナルのサイドストーリーが、各5話月替わりで描かれる。10月は、冲方丁執筆「天地明察」の主人公“渋川晴海”が登場する。なお各ストーリーの第1話は、「ダ・ヴィンチ」にも掲載される。

 そして今秋からは『ちょっと一服ムービー:地球兄弟』を公開。日本映画の鬼才・三池崇史監督がメガホンを取ったオリジナルムービー『地球兄弟』の続編が、制作中だという。たばこをきっかけに出会った奇妙な3人が織り成す、心ユレル愛の物語だ。

 これ以外にも、豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンなども今後実施される予定となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top