お湯で落とせる化粧下地、大江戸温泉物語でブロガーイベント…資生堂FWB | RBB TODAY

お湯で落とせる化粧下地、大江戸温泉物語でブロガーイベント…資生堂FWB

 資生堂は13日、東京のお台場大江戸温泉物語で、女性ブロガーを対象にした「フルメーク ウォッシャブル ベース」(以下FWB)の体験イベント「みんなで話題のFWB商品を使って、スルー体験をしよう♪」を開催した。

エンタメ その他
カメラを向けるブロガーたち
  • カメラを向けるブロガーたち
  • FWBの概要など説明
  • すっぴんのモデルにFWBをつけている
  • 講座中は資生堂スタッフが随時質問を受け付ける
  • メークのポイントをわかりやすくマンツーマンで教える
  • メークのポイントをわかりやすくマンツーマンで教える
  • メークテクニックを解説しながら、メークを施している
  • 9月21日新発売・インテグレート スイートトリックアイズ(写真左)などが、“おみやげ”としてプレゼントされた
 資生堂は13日、東京のお台場大江戸温泉物語で、女性ブロガーを対象にした「フルメーク ウォッシャブル ベース」(以下FWB)の体験イベント「みんなで話題のFWB商品を使って、スルー体験をしよう♪」を開催した。FWBは、世界初の、お湯だけでフルメークが落とせる化粧下地である。

■資生堂スタッフが教える、マル秘メークテクニック

 まずは、資生堂スタッフによる商品説明が行われ、お湯でメークが落ちるメカニズムや、おすすめの利用シーンの紹介、FWBの詳しい使い方を解説している動画を上映した。参加した約40名のブロガーに、FWBを使ったことがあるか聞いたところ、約3~4割ほどの参加者が手を挙げた。

 続いて、メーク講座「簡単かつ華やかにみえるメーク秘テクニック伝授!」が行われた。これは、資生堂スタッフがブロガーたちへメークのコツなどを伝授するプログラムで、ブロガーはあらかじめノーメークで参加し、下地にFWBを使用してからメークをしてもらい、帰宅後などにお湯でメークを落として、その使用感などを後ほどブログに書いてもらうというもの。資生堂スタッフが女性モデルにメークを施していき、メークがすべて完成したところで、お湯を使ってメークを洗い流した。フルメークから一気にすっぴんに戻った瞬間、参加者たちからは一斉に驚きの声があがった。

■座談会でスタッフが聞いた“ホンネ”

 メーク講座終了後は、資生堂スタッフとブロガーたちが意見を交換できる座談会が開かれた。座談会ではスタッフもブロガーも自由に質問などを行えるので、スタッフも、利用者の“率直な意見”を直接ヒアリングできる。

 参加したブロガーの一人は、以前も資生堂のFWBブロガーイベントでFWBを使用したことがあり、FWBを使用した感想について「肌の潤いがいつもよりいいような気がした」と好感触なコメント。

 実際にブロガーから寄せられた感想は「さらっとしていて使いやすい」「旅行に行く時荷物が減るのはうれしい」「商品の発想がおもしろい」など。また、不満点や、改善して欲しい点では、「日焼け止め(UVケア)機能をつけてほしい」「お湯で洗い流しても、その後普通に洗顔をするならあまり便利さを感じないので、洗顔の手間も省ければ…」などと、ストレートな意見が飛び交った。スタッフはこれらの意見に対して「利用者へのグループインタビューでも、なかなかこのようなホンネは出てこないので、こういった生の声は貴重だ」と満足気の様子だった。

 スタッフは、ブロガーに「普段どのようなブログを書いているか」「更新頻度はどのくらいか」「日焼け止めは何を使っているか」などの質問を行っていた。

 座談会には開発担当の男性スタッフ3人も参加。「男性の感覚と女性の感覚はやっぱり違う。男性の研究員ではわからない、気付きにくい不満点も、今回の座談会で聞けたのでうれしかった」「ブロガーイベントは初参加だったので、非常に勉強になった」などと、座談会の感想を述べていた。

 他にも、スタッフからは「セミナーで使ったモニターが小さかったので、レジュメを用意すればよかったかも」というイベントの反省点も出ていた。
《浦和武蔵》

関連ニュース

特集

page top