ドコモからも次期 iPhone? 購入希望キャリアに変化は? | RBB TODAY

ドコモからも次期 iPhone? 購入希望キャリアに変化は?

 9月10日開催のアップルのイベントでは、次期iPhoneの発表が噂されている。報道各社は6日、NTTドコモからの次期iPhone発売を報道したが、同日ドコモから、「開示すべき決定した事実はない」と、報道を否定するコメントも発表された。

IT・デジタル スマートフォン
次期iPhoneの購入意向(キャリア別)
  • 次期iPhoneの購入意向(キャリア別)
  • 次期iPhoneの購入意向
  • 次期iPhoneの購入希望キャリア
  • 次期iPhoneの購入希望キャリア(au版、SoftBank版のどちらかを選んだ人限定)
 9月10日開催のアップルのイベントでは、次期iPhoneの発表が噂されている。報道各社は6日、NTTドコモからの次期iPhone発売を報道したが、同日ドコモから、「開示すべき決定した事実はない」と、報道を否定するコメントも発表された。

 MMD研究所は6日、「次期iPhone購入意向調査」の結果を発表した。調査時期は8月30日~9月2日のため、今回の報道は反映されていないが、ユーザーの意向が伺えるものとなっている。対象は、docomo、au、SoftBankの携帯電話・スマートフォン利用者1800人(各キャリア600人)。

 まず「次期iPhoneの購入意向」を聞いたところ、「購入したい」が23.6%、「やや購入したい」が34.8%となり購入意向者は58.4%。利用キャリア別に購入意向者(購入したい+やや購入したい)を見ていくと、docomo利用者では55.3%、au利用者では57.0%、SoftBank利用者の62.8%で、どのキャリアでも過半数に、次期iPhoneの購入意向があった。

 次期iPhoneの購入意向者(N=1051名:docomo=332、au=342、SoftBank=377)を対象に、「au、SoftBankのどちらから次期iPhone」を購入したいかを聞いたところ、「SoftBank版iPhone」が37.9%、「au版iPhone」が30.7%、「どちらのiPhoneにするか決めていない」が31.4%となり、SoftBankの意向がもっとも多かったが、au、決めていないも30%を超えている。

 au版、SoftBank版のどちらかを選んだ回答者(N=721:docomo=118、au=284、SoftBank=319)に限定すると、次期iPhoneの購入希望キャリアは、全体でau版が44.8%、SoftBank版が55.2%となっている。利用キャリア別では、docomo利用者はau版が44.1%、SoftBank版が55.9%、au利用者はau版が89.4%、SoftBank版が10.6%、SoftBank利用者はau版が5.3%、SoftBank版が94.7%だった。

 すでにiPhoneを販売しているau、SoftBank利用者は、自分が利用しているキャリアでの購入意向が強く、docomo利用者ではSoftBank版の次期iPhone購入意向が高い結果となった。

 ただし、ドコモからiPhoneが発売された場合、決めていないとしたユーザーだけでなく、すでに決定していたユーザーでも翻意する可能性は高く、状況は非常に流動的だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top