高速道路SA・PAで使える、無料の公衆無線LANサービス「C-NEXCO Free Wi-Fi」がスタート | RBB TODAY

高速道路SA・PAで使える、無料の公衆無線LANサービス「C-NEXCO Free Wi-Fi」がスタート

ブロードバンド 回線・サービス

高坂SA
  • 高坂SA
  • 利用可能なSA・PAに貼られるステッカー
  • 「C-NEXCO Free Wi-Fi」の概要
  • 高坂SA
 中日本高速道路とソフトバンクモバイルは28日、高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)において、誰でも無料で使える公衆無線LANサービス「C-NEXCO Free Wi-Fi(シーネクスコ・フリー・ワイファイ)」を発表した。30日より提供を開始する。

 「C-NEXCO Free Wi-Fi」は、ソフトバンクモバイルが設置している「ソフトバンクWi-Fiスポット」を利用したサービス、災害時の通信手段の確保および平常時における利便性向上が目的とのこと。Wi-Fi機能を持った端末があれば、事前に簡単な設定を行うだけで誰でも無料で利用できる。手続きには、携帯等のメールアドレスが必要。登録したメールアドレスにパスワードが届く。

 ソフトバンクモバイルでは、すでに「ソフトバンクWi-Fiスポット」を、東名高速道路・新東名高速道路・中央自動車道・名神高速道路・北陸自動車道などの130か所のSA・PAで提供しており、これらのSA・PAで、そのまま「C-NEXCO Free Wi-Fi」が利用可能となる。

 利用料金は無料で、1回のアクセスで15分以内の利用が1日3回まで。サービスの提供は、SA・PAの建物内のフードコートなどとなる。今後提供範囲は随時拡大の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top