ドコモ、オーストリアの決済サービス会社「ファイントレード」を買収 | RBB TODAY

ドコモ、オーストリアの決済サービス会社「ファイントレード」を買収

エンタープライズ 企業

ファイントレード社のビジネスモデル
  • ファイントレード社のビジネスモデル
  • 欧州の金融・決済プラットフォーム事業展開
 NTTドコモは27日、オーストリアのオンライン物販向け決済サービス事業者であるfine trade gmbh(ファイントレード社)の発行済み株式を、100%取得することについて、ドイツ連邦カルテル庁へ認可申請したことを発表した。

 欧州におけるオンラインショッピングでは、「アパレル等の商品を注文後、配送された商品を試着・試用し、最終的に購入判断した商品のみ対価を支払う」という購買動向が拡大している。ファイントレード社は、欧州オンライン物販市場で、ユーザーの信用リスクや過去の支払状況に応じて請求書払いを選択可能にするなど、与信リスクに応じた多様な決済手段をオンライン物販事業者に提供している。

 ドコモは、ファイントレード社の買収によりオンライン物販市場における多様な決済を獲得し、欧州での金融・決済プラットフォーム事業を拡大するのが狙いだとしている。

 株式取得は、ドイツの子会社DOCOMO Deutschland GmbHを通して実施し、同社株式を75%保有するリヒテンシュタインのスリーリトルバード社と、25%保有するオーストリアのシュナイダーホールディング社から合わせて100%を取得する。ドイツ連邦カルテル庁からの認可取得後、2013年10月末までに完了する予定。なおドコモはDOCOMO Deutschland GmbHに買収額相当を追加出資する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top