NTTデータと日本オラクル、Twitterデータの分析・活用分野で協業 | RBB TODAY

NTTデータと日本オラクル、Twitterデータの分析・活用分野で協業

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Oracle Endeca Information Discovery」の概要
  • 「Oracle Endeca Information Discovery」の概要
  • 「Twitterデータ提供サービス」の概要
 NTTデータと日本オラクルは26日、Twitterデータの分析・活用分野で協業することで合意した。

 NTTデータは2012年9月に米国Twitter社とツイートデータ提供に関するFirehose契約を締結し、国内唯一のデータ再販事業者としてツイートデータを提供・分析している。このNTTデータの「Twitterデータ提供サービス」と日本オラクルのビッグデータ分析ソフトウェア「Oracle Endeca Information Discovery」(Endeca)を組み合わせた商品開発・サービスに関して協業する。

 Twitterデータ提供サービスとEndecaとをシームレスに連携することで、社内データとソーシャルデータをよりスムーズに組み合わせたビッグデータ分析が可能となる見込み。今後は、両社の製品・サービスおよびノウハウを組み合わせて、Endeca上でTwitterデータ分析・活用のためのテンプレートを開発し、導入コンサルティングを合わせて共同提案を行う方針だ。

 具体的には、EndecaにTwitterデータ提供サービスのAPIを組み込むことで、Endeca導入後すぐに顧客がツイートデータ分析を可能とするデータ取り込みテンプレートを開発する。またEndeca上のビッグデータとツイートデータを組み合わせて、高速に処理・集計・分析をビジュアライズするためのユーザーインターフェースのテンプレートも開発する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top