J. J. エイブラムス監督最新作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 本日から全国ロードショー | RBB TODAY

J. J. エイブラムス監督最新作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 本日から全国ロードショー

エンタメ 映画・ドラマ

エンタープライズ号の乗組員は、信じるものすべてが揺らぎ、精神的な危機に直面する。『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が今日から公開
  • エンタープライズ号の乗組員は、信じるものすべてが揺らぎ、精神的な危機に直面する。『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が今日から公開
  • ベネディクト・カンバーバッチが、“世紀の悪役”と呼ばれるジョン・ハリソンを演じる
  • 7月に来日した際のベネディクト・カンバーバッチ
 J. J. エイブラムス監督最新作のSFアクション『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が、本日23日からいよいよ公開される。

 J.J.の手で蘇った往年の人気TVシリーズの劇場版新章の第2幕。今作では、エンタープライズ号の乗組員は、信じるものすべてが揺らぎ、精神的な危機に直面する。愛を試され、友情を引き裂かれ、犠牲を強いられる。舞台となるのは、2259年の地球。宇宙船・エンタープライズ号のキャプテン・カーク(クリス・パイン)とそのクルーたちは、冷酷な復讐を企むジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)と対峙し、突如訪れた史上最大の危機を回避するため奮闘する姿を描く。

 TVドラマシリーズ「SHERLOCK (シャーロック)」で主役をつとめるなど、正統派俳優として人気の高いベネディクト・カンバーバッチが、“世紀の悪役”と呼ばれるジョン・ハリソンを演じた悪役ぶりなども見どころだ。

 同作では8月12日にJ.J.エイブラムス監督、主演のクリス・パイン、ザッカリー・クイント、アリス・イヴ、そして日本語吹替え版の声優を務めた栗山千明らが出席して都内でジャパン・プレミアも開催。『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は本日23日から、TOHOシネマズ日劇ほか、日本全国ロードショー公開される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top