土屋アンナの“舞台中止騒動”が泥沼化……食い違う両者の主張 | RBB TODAY

土屋アンナの“舞台中止騒動”が泥沼化……食い違う両者の主張

エンタメ ブログ

 土屋アンナの初主演舞台中止をめぐる一連の騒動は泥沼の様相を呈し始めている。土屋側は同舞台の脚本の内容にも不満を抱いていたと一部メディアが報じたが、報道を受け、作・演出を担当する甲斐智陽氏は自身のFacebookで再度反論した。

 騒動の発端は29日、舞台「誓い~奇跡のシンガー~」の稽古に土屋が参加しなかったことを理由に、主催者側が公式サイトにて同公演の中止を発表。土屋に対して、「社会人としての責任をお取りいただくべく,損害賠償訴訟を含む断固たる措置を講じる所存です」とした。

 一方の土屋側は、主催者側の発表に対し「事実無根の内容にただただ困惑しております」と反論。同舞台の原作者である車いすシンガーの濱田朝美さんも加わり、主催者側が濱田さんへの連絡や許可を取らないままに舞台化を進めていたことや、土屋の稽古不参加は、主催者側に不信感を抱く濱田さんに共感してとった行動だったことなどを明かした。

 しかし、甲斐氏も反論。自身のFacebookアカウントで、「(濱田さんが)何故あのようなことを書いたのか理解できません」と、濱田さんには詳細を伝えた上で許可をとっていたと抗弁していた。

 すると土屋は今度、同舞台の脚本についての不満をあらわにしたという。同舞台は障害を持つ濱田さんの自叙伝が原作とされているが、脚本では主人公が死ぬという結末であるらしく、原作と大きく異なる内容に土屋が制作側に不信感を抱いたと一部メディアが報じた。

 そしてこの報道を受けた甲斐氏が1日にFacebookでまた反論。「脚本のことが 報じられていたが主人公は死んではいません 倒れるのです そしてそれも連想されるということで 倒れるのもやめました それも土屋側に伝えてあります」と、報道内容が事実と異なるとして苦言を呈するとともに、「当初承諾を得ていない 作品だからと言って稽古をボイコットしていたのに 代理人の弁護士が本人同席うえ承諾したと認めると 今度は脚本が気に入らないですか 次は何を言い出すのでしょうか脚本を読んで 土屋アンナは出演契約をしたのです」と、土屋の言動を批判した。

 双方で主張が食い違い、泥沼化してきているこの騒動。まだ収まりそうにない――。
《花》

関連ニュース

特集

page top