「あまちゃん」挿入歌「潮騒のメモリー」が人気! わずか4日で週間チャート1位 | RBB TODAY

「あまちゃん」挿入歌「潮騒のメモリー」が人気! わずか4日で週間チャート1位

エンタメ 音楽

「潮騒のメモリー」を歌う天野春子役の小泉今日子
  • 「潮騒のメモリー」を歌う天野春子役の小泉今日子
  • 「潮騒のメモリー」ジャケット
 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」が、20日からレコチョクにて着うたの配信が開始され、ランキング初登場1位を記録したほか、その後も首位をキープし、7月17日~23日付の週間チャートでも、わずか4日間という短い集計日数ながら驚異的なダウンロード数で1位に輝いた。

 「潮騒のメモリー」は「あまちゃん」脚本の宮藤官九郎作詞、音楽の大友良英、Sachiko M作曲による、“1986年に公開されたアイドル映画「潮騒のメモリー」の大ヒット主題歌”というコンセプトで作られたオリジナルソング。劇中に登場する薬師丸ひろ子演じる大女優鈴鹿ひろ美主演の映画主題歌として、鈴鹿ひろ美自身が歌い大ヒットしたという設定の「潮騒のメモリー」。実は小泉今日子演じる天野春子が影武者として歌っていたという衝撃の事実がオンエアでは既に明らかになっている。

 劇中では、アイドルを目指していた天野春子はCDデビューという夢をかなえられなかったが、「潮騒のメモリー」は7月31日に待望のCDリリースが決定。“17歳の天野春子が歌う「潮騒のメモリー」”として、28年の月日を経て春子の夢がかなえられる形となる。
《花》

関連ニュース

特集

page top