日本HP、オールフラッシュストレージ「HP 3PAR StoreServ 7450」発表 | RBB TODAY

日本HP、オールフラッシュストレージ「HP 3PAR StoreServ 7450」発表

エンタープライズ ハードウェア

「HP 3PAR StoreServ 7450」外観
  • 「HP 3PAR StoreServ 7450」外観
  • 概要
 日本ヒューレット・パッカードは12日、エンタープライズ向けストレージ製品「HP 3PAR StoreServ」の新モデルとして、独自の最適化テクノロジーを搭載した高性能オールフラッシュストレージ「HP 3PAR StoreServ 7450」を発表した。

 「HP 3PAR StoreServ 7450」は、独自の「アダプティブ・リード」「アダプティブ・ライト」「自律キャッシュ・オフロード」「マルチテナントI/Oプロセッシング」テクノロジーを搭載した新製品。3PARアーキテクチャーによりエンタープライズの基盤として利用可能な高信頼性や高度な機能を備えつつ、フラッシュに最適化されたアーキテクチャーを採用したのが特徴。2ノードと4ノードのモデルが用意され、SSDは100GB SLC、200GB SLC、400GB MLCがラインアップされている。

 既存モデルに比べ、40%向上した処理性能554,000 IOPSを遅延0.7msで提供可能となっている。同時に価格性能比も60%向上した。従来の3PARファミリーと共通のアーキテクチャーで提供され、共通の機能、統合された管理、運用を利用できる。

 また同時に、Software-Defined Storageのラインアップを強化し、重複排除バックアップの仮想化ストレージアプライアンス「HP StoreOnce VSA」も発表された。「HP StoreOnce VSA」では、専用のストレージハードウェアを導入することなく、省スペース・低コストで高性能なバックアップストレージ環境の構築が可能となる。連携型重複排除バックアップソリューション「HP StoreOnce Catalyst」の機能を標準で備えており、「HP StoreOnce Backup」アプライアンス各モデルとの連携も可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top