堺雅人がバブル期の型破り銀行マンに……TBS「半沢直樹」が7日スタート | RBB TODAY

堺雅人がバブル期の型破り銀行マンに……TBS「半沢直樹」が7日スタート

エンタメ 映画・ドラマ

堺雅人がバブル期の型破り銀行マンに……TBS「半沢直樹」が7日スタート
  • 堺雅人がバブル期の型破り銀行マンに……TBS「半沢直樹」が7日スタート
 俳優の堺雅人が主演するTBS系連続ドラマ「半沢直樹」が7日(日)よりスタートする。堺は、バブル期に大手銀行に入行した型破りの“バンカー”半沢直樹役を演じる。

 同ドラマは、「下町ロケット」で第145回直木賞を受賞した人気作家・池井戸潤の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。銀行に入ったら一生安泰と言われていたバブル時代に、エリートの代名詞とされる銀行員となった半沢直樹が、銀行の内外に現れる「敵」と戦い、組織と格闘していく様子を中心に描く経済ドラマだ。

 間違ったことがあれば、たとえ上司であろうと態度を曲げない融資課長の半沢を演じるのが堺。今回のオファーに「この厳しい時代のなか頑張っている皆さんへのエールになれば」と快諾したが、原作や脚本を読む内に、「それぞれの現場で一所懸命に働いている登場人物の姿に、いまは『力をもらっているのは、むしろ僕かもしれない』と思うようになっています」とコメント。昨年10月放送のTBS金曜ドラマ「大奥~誕生[有功・家光篇]」での好演も記憶に新しいが、今作では「やられたら倍返し」で敵を追い詰めていく攻撃的な顔と、部下や家族に見せる優しい顔を併せ持つ半沢の魅力的なキャラクターを堺がどのように演じるのか、注目が集まる。

 また、半沢を明るく支える妻・花を演じるのは、堺と約10年ぶりの共演となる上戸彩。「男性社会を描くドラマですが、実は支える側にも同じ様な社会があり、ドラマがある。陰ながら夫を支えるたくましい女性、半沢花を楽しみたいと思います。また、10年ぶりに恩師である福澤克雄監督にしごいてもらえるのが嬉しいです!」と気合十分の上戸に、堺も「仕事場でたくさんの敵に囲まれている半沢ですが、家庭での妻の温かさに支えられています。可愛らしくも芯のある、上戸さんのお芝居を今から楽しみにしております」と共演を心待ちにしているようだ。

 そのほかキャスト陣は、半沢の勤める東京中央銀行で歴代最年少のスピード出世で常務に上り詰めた切れ者、大和田常務役を香川照之、常に広い心を持って半沢を見守る東京中央銀行頭取、中野渡役を北大路欣也、半沢の同期でよき相談相手、渡真利忍役を及川光博が演じる。ほかにアイドルグループ・Hey!Say!JUMPの中島裕翔や、グラビアアイドルの壇蜜の出演も決定している。

 ドラマ「半沢直樹」は、TBS系で7月7日スタート。毎週日曜午後9時より放送。
《花》

関連ニュース

特集

page top