「魂を鷲掴みにされて揺さぶられて大号泣」……ジブリ最新作「風立ちぬ」を著名監督ら絶賛 | RBB TODAY

「魂を鷲掴みにされて揺さぶられて大号泣」……ジブリ最新作「風立ちぬ」を著名監督ら絶賛

エンタメ 映画・ドラマ

スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」
  • スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」
  • 細田守監督のツイート
  • 神山健治氏のツイート
  • 樋口真嗣氏のツイート
 スタジオジブリの最新作「風立ちぬ」の試写会が25日に開催された。映画を見た多くの映像関係者が、それぞれのTwitterアカウント上で絶賛のコメントを寄せている。

 「風立ちぬ」の原作は、模型雑誌「モデルグラフィックス」誌上で、宮崎駿氏が連載していた漫画。1920年台の日本を舞台に、航空技術者・堀越二郎の半生を描いている。また、「新世紀エヴァンゲリオン」でおなじみのアニメ監督・庵野秀明氏が主演に抜擢されたことでも話題となった。

 映画「おおかみこどもの雨と雪」(2012年)などで知られる監督・細田守氏は、「こんなにいい映画はいままでになく、そしてこれからもない、というくらい、いい映画でした」と感想を述べた。また、映画「日本沈没」(2006年)を監督した映像作家・樋口真嗣氏は、「主役の声がまさかの大ストライク」と庵野氏の演技を賞賛。「魂を鷲掴みにされて揺さぶられて大号泣だよ!」と熱い感想を述べた。また、「攻殻機動隊」アニメシリーズを手がけた監督・神山健治氏も「素晴らしい作品を観ると胸が苦しくなる」と語っている。

 「風立ちぬ」は、7月20日より全国ロードショー。
《花》

関連ニュース

特集

page top