イー・アクセス、3Gエリアを“減速”……LTE最大75Mbps対応エリア拡大に注力 | RBB TODAY

イー・アクセス、3Gエリアを“減速”……LTE最大75Mbps対応エリア拡大に注力

エンタープライズ モバイルBIZ

イー・アクセス(イー・モバイル)のサービスエリア紹介ページ
  • イー・アクセス(イー・モバイル)のサービスエリア紹介ページ
  • ウィルコムによる発表
 イー・アクセスは25日、LTEサービスの下り(受信時)最大通信速度75Mbps対応エリアについて、2013年8月中旬より順次全国へ拡大するとともに、3Gサービスの下り(受信時)最大通信速度42Mbps対応エリアについて、順次、21Mbps対応エリアへ切り替えることを発表した。

 イー・アクセスによると、LTEサービス利用者が大幅に増加しており、現在では3Gサービスのトラヒックを上回っている状況とのこと。そのため割り当てられた周波数を見直し、LTEサービスの75Mbps化を推進するとしている。

 現在下り(受信時)最大通信速度42Mbps対応端末(GP02、GP03、GD01、D41HW)を利用しているユーザーに対しては、継続して3Gサービスを提供するとともに、より高速なサービスへの乗り換えについての案内を行う予定。

 なお同日ウィルコムも、「3Gデータ定額(S)」で利用可能な「サブエリア」の通信速度を、8月中旬より、下り最大42Mbpsから、下り最大21Mbpsへ順次変更することを発表している。対象機種は007Z。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top