日立、Windows8対応の認証管理システムを発売……NFCと既存ICカードを活用 | RBB TODAY

日立、Windows8対応の認証管理システムを発売……NFCと既存ICカードを活用

 日立ソリューションズは24日、Windows 8に対応した認証管理システム「AUthentiGate」(オーセンティゲート)を発表した。8月30日から販売を開始する。日立製作所からも、「指静脈認証管理システムVer.05-00」として販売される。

エンタープライズ セキュリティ
「AUthentiGate ICカード認証」概要
  • 「AUthentiGate ICカード認証」概要
  • クライアントアプリ 動作環境
  • 価格
 日立ソリューションズは24日、Windows 8に対応した認証管理システム「AUthentiGate」(オーセンティゲート)を発表した。8月30日から販売を開始する。日立製作所からも、「指静脈認証管理システムVer.05-00」として販売される。

 「AUthentiGate」は、NFCを搭載したWindows8タブレットでICカード認証を可能とするソリューション。指静脈認証装置もWindows8で利用可能となる。これにより、既存のICカードをWindowsや業務アプリケーションへのログイン認証に活用できる。認証情報(指静脈データ、ICカード情報、ユーザー情報など)はサーバ上で一元管理され、セキュリティ度合いに応じて、ICカード認証や指静脈認証などの使い分けが可能。

 利用者は、NFC対応のWindows8搭載PCおよびタブレットにおいて、外付けカードリーダーを接続することなくWindowsログオン時に、ID・パスワード認証の代わりにICカードのみ、またはICカードとパスワードで認証することができる。

 ICカード認証と指静脈認証の使い分けはもちろん、ICカードと指静脈認証といったマルチデバイス認証も可能。NFCによるICカード認証だけではなく、従来のサポート済みカードリーダー(PaSoRi、FeliCaポート)と指静脈認証装置もWindows 8に対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top