大規模システムに対応した映像監視ソリューション……日立製作所 | RBB TODAY

大規模システムに対応した映像監視ソリューション……日立製作所

日立製作所と日立産業制御ソリューションズは8日、大規模システムに低コストで対応する映像監視ソリューションを8月から販売開始することを発表した。

エンタープライズ セキュリティ
「VisionNet Manager」と「StreamGear」のシステム構成。1台のサーバで大量の映像データを蓄積でき、「VisionNet Manager」を使用してシステムの一元管理や遠隔監視などが可能になる(画像は同社リリースより)。
  • 「VisionNet Manager」と「StreamGear」のシステム構成。1台のサーバで大量の映像データを蓄積でき、「VisionNet Manager」を使用してシステムの一元管理や遠隔監視などが可能になる(画像は同社リリースより)。
 日立製作所と日立産業制御ソリューションズは8日、大規模システムに低コストで対応する映像監視ソリューションを8月から販売開始することを発表した。

 日立の映像統合管理ソフトウェア「VisionNet Manager」への映像配信機能や、日立産業制御の映像蓄積配信サーバ「StreamGear」にカメラ(日立製および他社製)を追加して双方が連携できるシステムを開発した。これによって大規模な映像管理システムを低コストで実現する。

 「StreamGear」は最大64台までのカメラ接続に対応し、連携する映像統合管理ソフトウェア「VisionNet Manager」は、監視カメラを最大で32,000台、記録装置では最大2,000台の管理が可能。企業や公共施設の防犯・防災設備として規模を選ばず対応できる。

 同社では工場や金融、店舗から公共施設、データセンターなどさまざまな業種に向けた映像監視ソリューション提供し、国内およびアジアを中心とした海外にも展開していく予定だ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top