シマンテック、クラウド向け統合認証セキュリティ「Symantec O3」発表 | RBB TODAY

シマンテック、クラウド向け統合認証セキュリティ「Symantec O3」発表

 シマンテックは20日、クラウド向けにシングルサインオン、アクセスコントロール、およびコンプライアンスの3つを提供する、新しい統合セキュリティサービス「Symantec O3(シマンテック オースリー)」を発表、提供を開始した。

エンタープライズ セキュリティ
「Symantec O3」の概念
  • 「Symantec O3」の概念
  • 「Symantec Validation & ID Protection」の概念
 シマンテックは20日、クラウド向けにシングルサインオン、アクセスコントロール、およびコンプライアンスの3つを提供する、新しい統合セキュリティサービス「Symantec O3(シマンテック オースリー)」を発表、提供を開始した。

 「Symantec O3」は、企業向けのセキュリティ・ゲートウェイサービスだ。クラウドアイデンティティ保護ソリューションとして、クラウドサービス利用の単一のゲートウェイとすることで、クラウドサービスの利用者は、アクセス制御されたセキュアなシングルサインオンにより、簡単・安全にアプリケーションを利用できる。管理者側は、統合された管理者コンソールを通して、利用者のアクセス制御が可能となる。

 強固な認証を提供するクラウド型セキュリティサービスであるSymantec Validation & ID Protectionが内蔵されており、ワンタイムパスワードによる強固な二要素認証の実施も可能。

 シマンテックからの直接販売で、参考価格は年間1ユーザーあたり3,000円~(10,000人規模で導入の場合)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top