【SPEED TEST】LAN回線をWi-Fiに!超小型のルータ3機種をホテルで試す | RBB TODAY

【SPEED TEST】LAN回線をWi-Fiに!超小型のルータ3機種をホテルで試す

ブロードバンド 回線・サービス

LANポートのないノートパソコン(Ultrabook)も多いが、ホテルにはLAN回線のみという場合も
  • LANポートのないノートパソコン(Ultrabook)も多いが、ホテルにはLAN回線のみという場合も
  • Wi-Fiを提供するホテルは増えたが、まだまだ少ない
  • QRコードでの設定のために専用アプリをダウンロード
  • QRコードでの設定
  • バッファローの「WMR-300」
  • バッファローの「WMR-300」
  • アイ・オー・データ機器の「WN-TR2K」
  • アイ・オー・データ機器の「WN-TR2K」
 筆者はビジネス用途のノートパソコンとしてデルのUltrabookを使っており、外出先ではスマートフォンのテザリングで通信を行っている。現状、ビジネスホテルではまだまだWi-Fiが整備されているところは少なく、部屋のデスクには固定回線のLANケーブルのみが用意されているといったところが多い。スマートフォンも自宅ではWi-Fi接続となるはずだが、ホテルではキャリアの通信回線に接続したままのことがほとんどだ。出張などでホテルに宿泊したときはテザリングで済ませている。それでも現在では、高速なLTEのおかげでストレスは感じなくなりつつあるが、通信制限が気になる。

 今回は、最近増えてきた、LAN回線をWi-Fiに変更することができる超小型のルータを集め、ホテルに宿泊しながらその実際をチェックしてみた。取り寄せたのはバッファローの「WMR-300」、プラネックスの「MZK-UE150N」、アイ・オー・データ機器の「WN-TR2K」の3種類だ。これらの製品に共通しているのは、LANケーブルを接続する口を搭載していることの他に、給電用のUSBを備えていること、IEEE 802.11n/g/bに対応している点だ。

 筆者が宿泊したホテルは首都圏にあり、全706室を備える大型のビジネスホテルの6階だった。ホテルに聞くと固定回線はBフレッツ100Mbpsで、幸い無線LANが装備されていた。同ホテルはチェーン展開しているが、無線LANを完備しているところはまちまちのようだ。

 筆者のパソコンにはLANポートがないので固定回線の速度は計測できなかったが、ホテルWi-Fi接続時のスピードは下り平均10.27Mbps、上り平均9.56Mbpsだった。一方、スマートフォンでキャリア回線の実測値を計ってみると(RBB TODAY SPEED TEST使用)、KDDI GALAXY S III ProgreがLTE接続で下り平均26.3Mbps、上り平均15.4Mbps、NTTドコモのGALAXY Note IIはLTE接続で下り平均8Mbps、上り平均5.2Mbps、iPhone(KDDI)はLTE接続で下り平均7.1Mbps、上り平均3.8Mbpsだった。ホテルの場所によって結果は異なるが、今回の結果ではホテルのWi-Fiを使うよりも快適に通信できるスマートフォンはKDDIのLTE回線のみだった。

●ホテルWi-Fiと端末のLTE速度比較
ホテルWi-Fi           下り平均10.3Mbps、上り平均9.6Mbps
KDDI GALAXY S III Progre(LTE) 下り平均26.3Mbps、上り平均15.4Mbps
NTTドコモのGALAXY Note II(LTE) 下り平均8Mbps、上り平均5.2Mbps
iPhone(KDDI)(LTE)      下り平均7.1Mbps、上り平均3.8Mbpsだった。

 では、スマートフォンのテザリング機能を使った場合、ノートパソコンはどれくらいの速度をはじきだすのだろうか?スマートフォン側はつねにLTEの接続を行っていたが、KDDI GALAXY S III Progre(LTE)では 下り平均22.4Mbps、上り平均12Mbps、NTTドコモのGALAXY Note II(LTE)で下り平均8.8Mbps、上り平均1.3Mbps、iPhone(KDDI)(LTE)では下り平均6.8Mbps、上り平均1.1Mbpsだった。こちらの結果でも、KDDIのLTEがもっとも快適という数値になった。

●スマートフォンのテザリングでノートの速度
KDDI GALAXY S III Progre(LTE)  下り平均22.4Mbps、上り平均12Mbps
NTTドコモのGALAXY Note II(LTE) 下り平均8.8Mbps、上り平均1.2Mbps
iPhone(KDDI)(LTE)          下り平均6.8Mbps、上り平均1.1Mbps

 さて、これらの結果を踏まえた上で、超小型のルータ3機種をテストしてみた。バッファローの「WMR-300」はIEEE 802.11n/g/bに対応、300Mbps(規格値)対応をうたっている。他の製品と違い、LANケーブルが同梱されており、筐体は本体部分とケーブルを収納できるケース部分に分離できる。また、スマートフォンユーザーは専用アプリ「QRsetup」で初期設定を簡単に行うことができる。プラネックスの「MZK-UE150N」とアイ・オー・データ機器の「WN-TR2K」も同様の形状。USBは本体に収納できる。どちらも11n/g/b対応で、「スマホ1発」「QRコネクト」設定アプリが用意されている。

 前述の通り、ホテルのWi-Fiは下り平均10.3Mbps、上り平均9.6Mbpsであった。結果は綺麗にほぼ同じ速度といったものである。機種間の違いもあまり感じられなず、下りは10Mbps前後、上りは9Mbps前後といった具合だ。特徴は、スマートフォンのテザリングを使う場合よりも若干速度が速く、なおかつ上り速度が下りに比べて差がないといったところ。もちろんホテルの固定回線の性能に左右されるわけだが、ヘビーユーザーは通信制限のことを考えると安心かもしれない。また、重たいファイルをアップロードする人には今回のようなWi-Fiルータはいいだろう。

<バッファローの「WMR-300」の結果>
PC(DELL XPS)Win7     下り平均10.1Mbps、上り平均4.5Mbps
KDDI GALAXY S III Progre 下り平均10.3Mbps、上り平均9.0Mbps
NTTドコモのGALAXY Note II 下り平均10.2Mbps、上り平均9.2Mbps
iPhone(KDDI)(LTE)     下り平均10.3Mbps、上り平均8.9Mbps

<プラネックスの「MZK-UE150N」の結果>
PC(DELL XPS)Win7     下り平均10.4Mbps、上り平均5.0Mbps
KDDI GALAXY S III Progre 下り平均10.2Mbps、上り平均9.4Mbps
NTTドコモのGALAXY Note II 下り平均10.2Mbps、上り平均9.2Mbps
iPhone(KDDI)(LTE)     下り平均10.2Mbps、上り平均9.3Mbps

<アイ・オー・データ機器の「WN-TR2K」の結果>
PC(DELL XPS)Win7     下り平均10.3Mbps、上り平均5.6Mbps
KDDI GALAXY S III Progre 下り平均10.2Mbps、上り平均9.3Mbps
NTTドコモのGALAXY Note II 下り平均10.2Mbps、上り平均9.3Mbps
iPhone(KDDI)(LTE)     下り平均10.1Mbps、上り平均9.2Mbps

※計測は以下の条件で行っている。PC計測はRBB TODAYのPC用SPEED測定を使用、スマートフォンはスマートフォン用「RBB TODAY SPEED TEST」を使い、計5回計測。記事中にはその平均を掲載している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top