【Interop 2013 Vol.50】Wi-Fi+ナビアプリでアイドルを探せ!……シスコ システムズ | RBB TODAY

【Interop 2013 Vol.50】Wi-Fi+ナビアプリでアイドルを探せ!……シスコ システムズ

ブロードバンド 回線・サービス

イベントではこの女性をアプリを使って探し出す
  • イベントではこの女性をアプリを使って探し出す
  • MSE技術によって会場内のホットゾーンを表示させる
  • 端末側のナビアプリ。京葉線の運行状況なども教えてくれる
  • シスコのブース
  • イベントに参加しなくてもアプリをインストールしておくと便利
  • 会場内に設置されたAP。処理はすべてサーバで行うため、APに特殊な設定は必要ない
 シスコ システムズのブースでは、Wi-Fi対応のモバイルアプリを利用したフォックスハンティングのイベントが行われていた。

 フォックスハンティングとは、移動または固定の送信機を、無線機などを利用して探し出すというゲームのことだ。シスコでは、会場内のイベントとして、標的となる端末を持ったターゲットを、会場内のナビゲーションをしてくれるアプリを利用して発見するゲームを1日3回のスケジュールで行っている。

 イベントは会場全体で実施されるが、会場のナビゲーションを可能にするWi-Fi設備の設置とシステムの構築をシスコが手掛けている。このシステムは、会場内に設置されたWi-Fiのアクセスポイントの受信信号強度(RSSI)を収集、分析するシスコのMSEというシステムがベースとなっている。この情報をもとに、会場内のホットポイントの場所や込み具合をレイアウトマップに重ねて表示したり、自分の位置を表示したり、ブース番号などを指定するとその位置まで会場内のルートガイドをしてくれる。

 ナビゲーションのアプリはナビタイムが開発したもので、Google Playから「Interop NAVI」という名前で検索すれば無料でダウンロードできる。

 イベントに参加する人は、事前に上記アプリを自分の端末にインストールしておき、開始時間になったらターゲットを探す。見事にターゲット端末を持ったコンパニオンを発見できたら、記念品がもらえるそうだ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top