クアルコムのプロセッサ、Snapdragon 400に新型追加……マルチコア搭載 | RBB TODAY

クアルコムのプロセッサ、Snapdragon 400に新型追加……マルチコア搭載

ブロードバンド テクノロジー

クアルコム/スナップドラゴン・ホームページ
  • クアルコム/スナップドラゴン・ホームページ
  • スナップドラゴン搭載端末(イメージ)
  • スナップドラゴン搭載端末(イメージ)
  • クリスティアーノ・アモン
 クアルコムの100%子会社、クアルコム・テクノロジーは4日、「Snapdragon 400」シリーズプロセッサについて、3G/4G LTEのマルチモードに対応するクアッドコアCPUを搭載した新型「8926」形式を発表した。

 量産スマートフォン向けのデュアルまたはクアッドコアCPUとして、「Snapdragon 400(8926)」は初めての3G/4G LTEマルチモード対応となる。さらに、TD-SCDMA、HSPA+(42Mbpsまで)、複数SIM対応といった、中国をはじめとする振興市場向けに重要な機能を採用した。

 クアルコム・テクノロジーの取締役副社長で、クアルコム・モバイル&コンピューティング社長のクリスティアーノ・アモンは「新型『Snapdragon 400(8926)』によって、振興市場は、2G、3G技術を維持しながら3G/4G LTEマルチモードに移行することができる。量販機種から中級機種まで、幅広いレンジのスマートフォンを開発できる」と、説明する。

 「Snapdragon 400(8926)」プロセッサは2013年遅くから市場に投入される。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top