iOS版「Google検索」アプリ、情報をカードで示す「Google Now」に対応 | RBB TODAY

iOS版「Google検索」アプリ、情報をカードで示す「Google Now」に対応

エンタープライズ モバイルBIZ

カードを表示した画面
  • カードを表示した画面
  • バージョン3.0.0起動時の案内画面
  • カードの設定画面
  • iTunes Storeの「Google検索」アプリ画面
  • Google Nowの説明ページ
 グーグルは29日、iPhone/iPod touch/iPad向けアプリ「Google検索」について、最新版となるバージョン「3.0.0」を公開した。最新情報やその日のスケジュール、現在地の周辺情報を示す「Google Now」に対応したのが特長。

 バージョン3.0.0で対応した「Google Now」は、一日の生活のなかで必要な情報を、自動的に表示する機能だ。たとえば、朝起きたら天気予報と交通情報、お気に入りのスポーツチームの試合経過やニュース速報などを表示する。

 各情報は「カード」と呼ばれる単位で扱われ、カードは画面下部に表示される。これをプルアップすることで呼び出し可能。カードは「天気情報」「交通情報」「付近の情報」「Gmail」など15種が用意されており、自動的に予測され、順次自動的に増えていくようになっている。個別に表示の有無を設定することももちろん可能だ。不要なカードはスワイプ操作で削除することもできる。

 利用にはGoogleアカウントの認証が必要。バージョン3.0.0をインストールすると、初回起動時に「Google Now」に関する説明画面が表示される。なおAndroid版Google Nowアプリは、Jelly Bean 4.1以上で利用可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top