【物欲乙女日記】嗚呼、本格ソーセージが簡単に家で食べられる“プチ贅沢” | RBB TODAY

【物欲乙女日記】嗚呼、本格ソーセージが簡単に家で食べられる“プチ贅沢”

エンタメ その他

ピクルスを添えてみました
  • ピクルスを添えてみました
  • パッケージからしておいしそう
  • 切れ目を入れて焼きます
  • う、うまそう……
  • もちろんビールと一緒に
  • いざ口へ
  • 外はパリっと、中はジュワ~ッ
  • 「ベダーウィズチェダー」と「クックドブラッツ」。こっちもイケる!
 ビールがおいしい季節になってきました。気持ちいい季節は食べ物もおいしいですよね。好物のおつまみを用意して、ちょっとビール。至福の瞬間です。まあ、私はいつでも食べ物はおいしい人なんですが…。

 肉食系(文字通りの)女子としては、やっぱりビールにはソーセージ。なんでこの組み合わせはこんなにも魅力的なんでしょう。最近は、本格的なソーセージが手軽に食べられるようになってきた気がします。ついこないだも、テレビでソーセージのCMを見つけたんですが、それがまたおいしそうなこと。耳に残る音楽も印象的なんですが、ソーセージ自体ジューシーで食べごたえがありそうでたまらないんです。

 その商品はジョンソンヴィルというブランドのものでした。あ、私これ知ってる! カルディというコーヒー&輸入食材のお店によく行くんですが、そこで必ず物色するのがチーズとソーセージ&生ハムのコーナー。そこで最近気になってたのがジョンソンヴィルだったんです。パッケージもちょっと本格的な感じがして、いつか買ってみようとは思ってたんですが、これはもう、今すぐ食べなさいってことですよね。いつ食べるか? 今でしょ! 早速試すことにしました。

■基本はシンプル調理で

 ジョンソンヴィルブランドのソーセージは種類が豊富で、ガーリックとパプリカが練りこまれたものや、チェダーチーズが入ったもの、あっさりした白ソーセージなどいろいろなラインナップがあります。やっぱり最初はベーシックなものをチョイス。「スモークブラッツ」というメインの商品を選びました。私はソーセージそのものの味を楽しみたいので、シンプルな調理法でいただくことに。ボイルでもいいのですが、今回は焼いて食べることにしました。あらかじめ斜めに切れ目を入れ、フライパンに油をしいてこんがりと焼き上げます。少し焦げ目がつくくらいが私的ベスト! 見た目も香りもおいしそうです。

 肝心のお味は……肉汁があふれるほどジューシーで、ホントにおいしい!! ソーセージにかぶりついて、そこにビールを含めば……体中に幸せが駆け巡ります! ほかの食べ物では得がたい感動じゃないでしょうか。絶妙なスパイシーさ加減で、何もつけずこのままでおいしい。付け合わせに用意したピクルスともよく合います。酸味との相性ばっちり。でもこのソーセージ、おつまみというよりは肉料理ですね、もはや。あらびきの肉々しい感じが、口いっぱいに広がる。肉の質もいいのでしょう。お酒にも合いますが、立派にメインを張れる料理にもなると思います。ボリュームも言うことなしなので、男性も大満足なのではないでしょうか。

■ホームパーティにもぴったり

 最近、家に友達を呼ぶ機会が何度かあったのですが、そういうときってお酒や食べ物に何を出すか、結構考えますよね。いつもとはちょっと違う演出をしたい。そんな“プチ贅沢”にもぴったりです! 贅沢といっても、値段は全然高くないんですけどね。だから今回は奮発してビールをプレミアムにしてみたりしました。これがまた合うんです。

 手をかけずにおいしい、ってのも嬉しい。手が込んだ料理もいいけど、こういう“素材の味”自体を楽しむものを出すと、“おいしいものを知ってる”って感じがしてデキる女っぽくないですか? いろんな種類があるので、それだけでレパートリーが広がります。実はこのあと、チェダーチーズ入りの「ベダーウィズチェダー」と、あっさり系の「クックドブラッツ」も食べてみたんですが、どっちもイケるんですよ。「チェダー」のほうは、存在感バツグンのチーズが口の中で溶け、チーズ好きにはたまらない。「クックドブラッツ」はレモン果汁がほのかに香って爽やかな後味。あっさりなんだけど、しっかりお肉の味もして、ソーセージのまた違った一面が楽しめます。こうやっていろんな種類を出すのも楽しいですよね。

 今度友達が来るときはコレで決まりですね。次はハラペーニョとチリペッパー入りの「ホット&スパイシー」にしようと思います!

■ジョンソンヴィル・ソーセージ:http://www.johnsonville.co.jp/
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top