変身するのは高校生、「ウルトラマンギンガ」 | RBB TODAY

変身するのは高校生、「ウルトラマンギンガ」

エンタメ その他

新旧ウルトラマンに花束贈呈(c) 円谷プロ
  • 新旧ウルトラマンに花束贈呈(c) 円谷プロ
  • 時代を超えても、デザインコンセプトは揺るがない。(c) 円谷プロ
  • ウルトラマンとキャスト、アベ ユーイチ監督。
  • フレッシュ5人のキャスト。全員10代。
  • アベ ユーイチ監督
  • ウルトラマンギンガ(c) 円谷プロ
  • 「ウルトラマンギンガ」は全13エピソード。(c) 円谷プロ
  • 7月にスタートする「新ウルトラマン列伝」(c) 円谷プロ
変身ヒーローの金字塔の「ウルトラマン」、そのシリーズを創り出してきた円谷プロダクションが2013年4月12日に50周年を迎えた。この記念すべき日に合わせて同社は、新事業展開説明会を開催この中でシリーズのサプライズな発表があった。
2013年夏に新しいキャラクターとして「ウルトラマンギンガ」が登場、2013年7月からスタートするテレビ番組『新ウルトラマン列伝』内にて放映される。30分枠番組を今期11本テレビ放映、さらに2013年9月と2014年春には新作のイベント上映を行う。本格的な新しいウルトラマンになる。

本作は、ウルトラマンギンガに変身する主人公・礼堂ヒカルら、登場人物が高校生となる。等身大の高校生とウルトラマン、これまでより身近な存在が目指されている。
発表に登壇したアベユーイチ監督は、“フレッシュ”さを強調した。「勢い」と「フレッシュ」がテーマだという。従来のウルトラファンを取り込むと同時に、新しい世代の獲得も狙う。

発表には監督が「若いフレッシュな5人」と紹介する主要キャストの根岸拓哉さん(礼堂ヒカル役)、宮武美桜さん(石動美鈴役)、大野瑞生さん(渡会健太役)、雲母さん(久野千草役)、草川拓弥さん(一条寺友也役)も登壇した。そして、勿論ウルトラマンギンガ自身も、初めてメディアに姿を見せた。
「まさか自分がウルトラマン。5人でいい作品を作り上げたい。」と話す根岸さんも、実はギンガの姿を見たのはこの日が初めてだった。「格好いい!」とその姿をかなり気に入った様子だった。

ステージには初代ウルトラマンも、新しいウルトラマンギンガのお祝いに駆けつけた。さらに根岸さんと宮武さんのふたりから、花束を受け取るシーンも用意された。円谷プロダクション50周年を彩る、華やかなシーンとなった。

気になる物語は、高校生ヒカルが不思議な「ギンガスパーク」を手に入れるところから始まる。実はこのアイテムは、かつて宇宙の彼方で闇の巨大な力により小さな人形に変えられたウルトラ戦士と怪獣たちを再び巨大な姿へと戻す力を持つものだった。
しかも、時を同じくして巨大な闇の力が再び動き始め、凶悪な怪獣や宇宙人が現れる。ヒカルはギンガスパークの力で怪獣やウルトラ戦士の人形とそして「ウルトラマンギンガ」として立ち向かう。
『ウルトラマンギンガ』は、7月10日よりテレビ東京系6局ネットにて17時30分からまず6話分を連続放送する。さらに11月から12月にかけて5話分を放送する。これにイベント上映のスペシャルエピソード2本の全13話を予定する。

ウルトラマン列伝 
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ulden/index2.html
円谷プロ
http://m-78.jp/

[スタッフ]
監督: アベ ユーイチ、原口智生、梶研吾、石井良和
脚本: 長谷川圭一、赤星政尚、荒木憲一、谷崎あきら

[キャスト]
根岸拓哉 (礼堂ヒカル役)
宮武美桜 (石動美鈴役)
大野瑞生 (渡会健太役)
雲母 (久野千草役)
草川拓弥 (一条寺友也役)

変身するのは高校生、「ウルトラマンギンガ」7月放映開始 新作イベント上映も決定

《animeanime》

関連ニュース

特集

page top