富士通、医療機器を無線化する「mBAN」の実験を国内で初実施 | RBB TODAY

富士通、医療機器を無線化する「mBAN」の実験を国内で初実施

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

mBAN利用時のイメージ図
  • mBAN利用時のイメージ図
  • IEEEの802.15.6に関する案内ページ
 富士通は12日、メディカル・ボディ・エリア・ネットワーク「mBAN」(medical Body Area Network)の試作無線機を開発し、本装置を医療専用周波数帯(400MHz帯)に用いた国内初の実証実験を、富士通クリニックにて実施したことを発表した。

 病院における患者の心電・脳波・血圧・体温などのバイタルチェックは、ケーブル接続による計測や目視を行い、カルテへ転記するのが通常となっている。そのため、わずらわしいケーブル配線によるストレス、看護師の介助負担、想定外のケーブル除去の危険、カルテへの転記ミスなどの可能性が残っていた。mBANを利用することで、各センサーから無線で計測器に情報を送ることができるようになり、さまざまなメリットが見込めるという。

 「mBAN」は、2012年2月にIEEE 802.15.6にて標準化が完了した、医療用途に特化された通信規格。利用する無線の周波数は、医療専用周波数帯(400MHz帯)以外にも、汎用的なISMバンド(2.4GHz帯)のほか、各国の医療専用周波数帯にも対応している。

 今回の実証実験では、富士通クリニックの病室内にて、患者役の従業員がmBANの試作無線機を体のさまざまな部分にとりつけ、実際の病室固有の条件のもと、装置の位置や被験者体勢を変えた際のmBANシステムの性能測定を行った。また身体近傍でのデータ通信の信頼性を確認した。同一の病室内において、複数の独立したmBANが利用されていても、干渉することなく安全に同時運用が可能なことも確認された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top