ドコモ、太陽光発電で動く「グリーン基地局」の試験を開始……13年度上期に10局設置 | RBB TODAY

ドコモ、太陽光発電で動く「グリーン基地局」の試験を開始……13年度上期に10局設置

エンタープライズ モバイルBIZ

東京都・神奈川県・山梨県に設置されたグリーン基地局のフィールド試験局
  • 東京都・神奈川県・山梨県に設置されたグリーン基地局のフィールド試験局
  • 左:ソーラーパネルと携帯電話基地局、右:グリーン電力コントローラーと大容量サイクル型蓄電池
  • グリーン基地局の構成図
 NTTドコモは22日、昨年よりドコモR&Dセンター内で試験稼働していた「グリーン基地局」について、フィールド試験を開始することを発表した。

 「グリーン基地局」とは、ソーラーパネルの太陽光発電によって、自立的に日中の電源を確保する携帯電話基地局。災害時、携帯電話基地局への商用電源の供給が滞った場合でも、ソーラーパネルの太陽光発電単独で、携帯電話基地局を運用できる。既存の携帯電話基地局に、グリーン基地局設備(ソーラーパネル、大容量サイクル型蓄電池、グリーン電力コントローラー等)を追加することで、グリーン基地局化することも可能だ。大容量サイクル型蓄電池(ニッケル水素電池およびリチウムイオン電池)を備えており、夜間など太陽光発電で電力が賄えない場合には、携帯電話基地局を長時間バックアップする。

 今回ドコモでは4月より、現在運用中の携帯電話基地局3局(東京都、神奈川県、山梨県)において、グリーン基地局設備を増設する。2013年度上期までに、合計10局(関東甲信越地域)まで拡大する予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top