国内企業のデータ通信予算増、2013年度は「モバイル対応推進のため」が約4割に | RBB TODAY

国内企業のデータ通信予算増、2013年度は「モバイル対応推進のため」が約4割に

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

2013年度のデータ通信サービス予算が2012年度より増加する理由
  • 2013年度のデータ通信サービス予算が2012年度より増加する理由
 IDC Japanは18日、国内企業の通信サービス利用に関する調査結果を発表した。企業WAN/ブロードバンド/モバイル通信の利用状況、通信サービス予算の現状、海外でのWAN接続状況等などを調べたものとなっている。

 それによると、2013年度(会計年)にデータ通信予算が増加する理由については、昨年に続き「モバイル対応を進めるため」がトップとなり、42.0%を占めた。2位は「クラウドやDC(データセンター)の利用が増えるから」で38.0%だった。3位は上記2項目よりやや離れ、「品質の高いネットワークに切り替えるため」が31.0%となっている。

 同調査についてIDCでは、3つの主要な動向が見られるとし、データ通信利用容量制限付きのSIMなど、モバイルを中心としたマルチネットワーク活用の検討拡大、国内DC/クラウドに接続する海外拠点の増加、NTTコミュニケーションズの「Arcstar Universal One」やKDDIの「Wide Area Virtual Switch」のようなクラウド利用を前提とした、統合型WANサービスに対する需要が高い傾向をあげている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top